1.   >  
  2.   >  
  3.   >  
  4.   >  
  5. アメリカ?イギリス??薬剤師が留学するならどこの国が良いか

アメリカ?イギリス??薬剤師が留学するならどこの国が良いか

アメリカ?イギリス??薬剤師が留学するならどこの国が良いか「海外に行けば、自分を変えてくれる何かがある」。留学をする人なら、よく口にするこの言葉。語学留学ならまだしも、薬剤師について言えば、明確な目標を持たずに留学して成功するほど甘い世界ではありません。ですから、少なくとも、行こうとする国の薬剤師事情くらいは、事前にしっかりと調査してから、留学先を探したいものです。

薬剤師の留学先として、よく聞くのは、英語圏ということもあるかもしれませんが、アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど。また、最近では、漢方の薬剤師になるために中薬学科のある中国の大学に留学する人の話も聞きます。予算の点から考えれば、中国は、物価も安いですし、日本から近いこともあって、比較的留学しやすい国と言えるかもしれません。日本で薬剤師の免許を持っているなら、中国で中薬学の資格や免許を取り、帰国してから漢方専門の薬局を開業したり、就職したりという道があるでしょう。

イギリスオーストラリアでは、外国人の薬剤師を増やそうという取り組みも見られます(但し、政策や政治情勢により毎年変化しているので常にアンテナを張って最新情報を得るよう心がけたいところ)。特にイギリスでは、医療従事者の不足が社会問題にもなっており、医師は3割、看護師は2割、薬剤師は1割が外国人と言われています。イギリスで薬剤師になって、現地の病院や薬局での就労という道もあるかもしれません。

世界の製薬会社トップ10のうち5社がひしめく製薬会社大国アメリカに留学するなら、アメリカの大学でPharm.D.の学位を取って、製薬会社や大学の研究者や専門職として働くことを目指したいところ。日本の薬剤師資格とアメリカのPharm.D.があれば、世界の製薬会社で、キャリアアップの道が開ける可能性が高いと言えるでしょう。

「薬剤師の転職相談所」の購読は
Twitter、Facebook、LINEが便利です

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」薬剤師専用のハウツーサイトです。
facebookまたはtwitter、LINEで最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

薬剤師転職サイトランキング ベスト5

転職や復職をお考えのあなたに、薬剤師の転職相談所の管理人おすすめの転職サイトをご紹介します。

薬キャリ(エムスリーキャリア) 詳細はコチラ
マイナビ薬剤師 詳細はコチラ
薬剤師転職ドットコム 詳細はコチラ
4位 ファルマスタッフ 詳細はコチラ
5位 リクナビ薬剤師 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「薬剤師の転職サイトランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

管理人について

現役薬剤師・エリコ

都内の調剤薬局に勤務中。

当サイトは、日々奮闘している薬剤師さんに代わって、すぐに役立つ薬剤師の情報やキャリアアップにつがなる情報、転職情報などを収集し、発信するサイトです。

facebook twitter

※ 現在、記事作成を手伝っていただける在宅ライターを募集しております。詳細はこちらをご覧ください。

薬剤師の転職サイト比較ランキング

「転職サイトって一体どこを選べばいいの・・・?」という薬剤師さんのために、評判が良くて人気が高い、代表的な転職・求人サイトを比較してランク付けしました。

  • 薬キャリ(エムスリーキャリア)
  • マイナビ薬剤師
  • 薬剤師転職ドットコム
  • ファルマスタッフ
  • リクナビ薬剤師
RANKINGランキング