1.   >  
  2.   >  
  3.   >  
  4. 薬剤師給与が据え置き?!人事院勧告

薬剤師給与が据え置き?!人事院勧告

薬剤師給与が据え置き?!人事院勧告民間の薬剤師と違って、公務員として勤務する薬剤師の給与は、国の機関である人事院が決定します。そして毎年秋になると、公務員の薬剤師の給与について人事院から勧告が行われます。薬剤師の給与は、平成21年度から3年連続で引き下げとなり、初任給は3年連続で据え置きとなりました。

公務員の月給は、一般に30歳台までは民間より低く、逆に高年齢層になるほど公務員の方が給与が高くなるそうです。その理由もあって、毎年民間と国家公務員の月給を調査し、公務員の方が高いレベルにある様であれば、民間に足並みをそろえるために引き下げ又は据え置きを勧告する事が通例となっています。通常はボーナスもその対象となりますが、平成23年度は東日本大震災が発生し、岩手・宮城・福島3県の民間のデータが集まらなかったため、改定は見送られたそうです。

ところで平成24年は薬学部・薬科大学が6年制となってからの薬剤師が初めて社会に出る年でもあります。日本薬剤師会は6年間大学に通ってきた新社会人が、4年制の頃と同じであっては不公平であると訴えてきましたが、据え置きであると言う事は残念ながらその声は届かなかったようです。しかしながら、現在も厚生労働委員会などに対し、格付けを変えるなどの措置を訴え続けているとの事です。

では民間と公務員の初任給ではどのくらい格差があるのでしょう。実際の数値を見てみます。薬剤師の初任給に当たる2級1号俸は平成22年度で17万8200円となっています。3年間これは変わっていません。一方でドラッグストア系を含めた民間は平均26万4000円。今年は2年ぶりに新卒の薬剤師が社会に出るため、各社がこぞって初任給を高めに設定して採用した事もありますが、それを割り引いてもあまりに大きな格差です。

今後は薬剤師も人材が余る事が指摘されており、給与面でもあまりよい展望が持てるとは思えません。一般に公務員の給与は高いと言われていますが、こと薬剤師に関しては必ずしもそうとは言えない事がわかります。

「薬剤師の転職相談所」の購読は
Twitter、Facebook、LINEが便利です

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」薬剤師専用のハウツーサイトです。
facebookまたはtwitter、LINEで最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

薬剤師転職サイトランキング ベスト5

転職や復職をお考えのあなたに、薬剤師の転職相談所の管理人おすすめの転職サイトをご紹介します。

薬キャリ(エムスリーキャリア) 詳細はコチラ
マイナビ薬剤師 詳細はコチラ
薬剤師転職ドットコム 詳細はコチラ
4位 ファルマスタッフ 詳細はコチラ
5位 リクナビ薬剤師 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「薬剤師の転職サイトランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

管理人について

現役薬剤師・エリコ

都内の調剤薬局に勤務中。

当サイトは、日々奮闘している薬剤師さんに代わって、すぐに役立つ薬剤師の情報やキャリアアップにつがなる情報、転職情報などを収集し、発信するサイトです。

facebook twitter

※ 現在、記事作成を手伝っていただける在宅ライターを募集しております。詳細はこちらをご覧ください。

薬剤師の転職サイト比較ランキング

「転職サイトって一体どこを選べばいいの・・・?」という薬剤師さんのために、評判が良くて人気が高い、代表的な転職・求人サイトを比較してランク付けしました。

  • 薬キャリ(エムスリーキャリア)
  • マイナビ薬剤師
  • 薬剤師転職ドットコム
  • ファルマスタッフ
  • リクナビ薬剤師
RANKINGランキング