1.   >  
  2.   >  
  3.   >  
  4. 夜間・休日開局の薬局について
クオカート500円分が当たるチャンス

夜間・休日開局の薬局について

夜間・休日開局の薬局について生活スタイルが多様化した現在では、24時間利用できる店舗が様々に増えています。薬局もまた例外ではありません。

薬事法では22時から翌朝の6時までが深夜営業として規定されています。この時間帯は深夜加算として、保険の点数の加算の対象となっています。深夜の救急医療の確保が目的ですが、通常深夜営業を行っていない薬局が、急病などでやむを得ず調剤した場合にも加算が認められています。

また、薬事法において休日とは、12/29から1/3まで、及び日曜日・祝日薬局が休日と定めた日と規定されていて、これらの日の開局も加算の対象となっています。

日本薬剤師会は「かかりつけ薬局」制度の定着と推進のために、各薬局に夜間・休日開局の対応の要請を出しています。しかしながら、現実には全ての薬局で完全に対応する事はむずかしく、様々な代替手段を講じているそうです。

深夜・休日勤務の人を確保する事が困難な場合、緊急時の連絡先電話番号を店舗外に掲示する事で、時間外でも調剤をする事が可能である事を提示しています。ほとんどの薬局がこの方法で時間外開局の要請に対応しています。また、地域の薬剤師会で輪番制を取る事により、当番の日のみ開局する対策を取っているエリアもあります。エリア毎に最低1件時間外対応している薬局があれば、とりあえずは急場をしのぐ事が可能となります。また、薬局と住居が同じ薬局の場合は、インターフォンや電話による呼び出しで時間外の対応を可能としています。この様に様々な手段で工夫を凝らし対応しています。

薬局はコンビニエンスストアなどと違って、薬剤師の資格を持った人を確保する必要があります。また、深夜なので防犯体制を強化する必要もあり、専用の窓口などの設置も求められます。これらの要因が重なって、夜間・休日の開局対応はなかなか容易には進んでいないのが現状です。しかしながら、セルフメディケーションが推奨される今後は、薬局の夜間・休日開局も一層必要性が増すと思われます。

クオカート500円分が当たるチャンス

「薬剤師の転職相談所」の購読は
Twitter、Facebook、LINEが便利です

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」薬剤師専用のハウツーサイトです。
facebookまたはtwitter、LINEで最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

薬剤師転職サイトランキング ベスト5

転職や復職をお考えのあなたに、薬剤師の転職相談所の管理人おすすめの転職サイトをご紹介します。

薬キャリ(エムスリーキャリア) 詳細はコチラ
マイナビ薬剤師 詳細はコチラ
薬剤師転職ドットコム 詳細はコチラ
4位 ファルマスタッフ 詳細はコチラ
5位 リクナビ薬剤師 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「薬剤師の転職サイトランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

管理人について

現役薬剤師・エリコ

都内の調剤薬局に勤務中。

当サイトは、日々奮闘している薬剤師さんに代わって、すぐに役立つ薬剤師の情報やキャリアアップにつがなる情報、転職情報などを収集し、発信するサイトです。

facebook twitter

※ 現在、記事作成を手伝っていただける在宅ライターを募集しております。詳細はこちらをご覧ください。

薬剤師の転職サイト比較ランキング

「転職サイトって一体どこを選べばいいの・・・?」という薬剤師さんのために、評判が良くて人気が高い、代表的な転職・求人サイトを比較してランク付けしました。

  • 薬キャリ(エムスリーキャリア)
  • マイナビ薬剤師
  • 薬剤師転職ドットコム
  • ファルマスタッフ
  • リクナビ薬剤師
RANKINGランキング