1.   >  
  2.   >  
  3.   >  
  4. アナフィラキシー・ショックについての代表的な治療薬・作用

アナフィラキシー・ショックについての代表的な治療薬・作用

「アナフィラキシー・ショック」とは何か?

アナフィラキシー・ショックとは、簡単に言うと、急性の全身的なアレルギー反応で、ショック状態になる場合を言います。

例えば、

  • ハチなどの虫に刺される。
  • 注射などにより薬物を体内に取り込む。
  • アレルギー性の食品を食べる。
  • 空気中の浮遊物が目・鼻・口などから入る。
  • 飲料水中の異物を飲み込む。

このような方法で、化学物質や微生物などの異物が体内に取り込まれた後、免疫が過剰反応し、アナフィラキシー・ショックが起こります。

アナフィラキシー・ショックは、ほんのミクロ単位の異物でさえ、死を招くほどのショック状態を起こします。

アナフィラキシー・ショックが起こる仕組み

人間の免疫細胞には、自分の体では無いもの(非自己=異物)を見分ける力が備わっています。体が非自己(=抗原)と認識したら、「抗体」を産生して体内から排除しようとします。この働きが免疫反応(※抗原抗体反応)です。

免疫反応は、本来、生物が生きるうえでとても大切な働きです。

ところが、アレルギ-体質の人の免疫は、異物(アレルゲン)が体内に侵入してきた場合、「体に不利益に働く」アレルギー抗体(IgE抗体)が作られてしまいます。そして再度、そのアレルゲンとなる異物が体内に侵入すると、IgE抗体が過剰反応して、細胞から化学伝達物質(ヒスタミン、ロイロトリエンなど)を分泌します。

その結果、炎症を起こし、じんま疹、嘔吐、下痢、鼻水、クシャミ、咳込み、呼吸困難、けいれん、意識障害などの異常な反応が出現します。

アナフィラキシー・ショックの場合には、通常のアレルギー反応よりも全身症状として劇的で過剰に反応が起こります。そのため、緊急に処置をしなければ、患者はショック状態で死亡してしまう危険性が大いにあります。

アナフィラキシー・ショックについての代表的な薬と作用

アナフィラキシー・ショックを起こす人は、いつでもすぐに処置ができるように、常にエピネフリン自己注射用キットや、抗ヒスタミン薬の錠剤などを携帯しておく必要があります。

下記、代表的なものを見ていきましょう。

エピネフリン
エピネフリンとは、アドレナリンのことで、ショック状態のときに、心拍数の増加、血圧上昇、血糖上昇をおこない、ショック状態を回避します。
抗ヒスタミン薬
ヒスタミンの働きを阻害する抗アレルギー剤です。炎症をおさえる目的で使用します。
β作動薬
心臓のβ1受容体に作用し、心筋の収縮力増大、心拍数の増大を起こします。また、気管支平滑筋のβ2受容体に作用し、気管支を拡張してショック状態を回避します。
グルカゴン
血糖値を上昇させてショック状態を回避します。

「薬剤師の転職相談所」の購読は
Twitter、Facebook、LINEが便利です

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」薬剤師専用のハウツーサイトです。
facebookまたはtwitter、LINEで最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

薬剤師転職サイトランキング ベスト5

転職や復職をお考えのあなたに、薬剤師の転職相談所の管理人おすすめの転職サイトをご紹介します。

薬キャリ(エムスリーキャリア) 詳細はコチラ
マイナビ薬剤師 詳細はコチラ
薬剤師転職ドットコム 詳細はコチラ
4位 ファルマスタッフ 詳細はコチラ
5位 リクナビ薬剤師 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「薬剤師の転職サイトランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

管理人について

現役薬剤師・エリコ

都内の調剤薬局に勤務中。

当サイトは、日々奮闘している薬剤師さんに代わって、すぐに役立つ薬剤師の情報やキャリアアップにつがなる情報、転職情報などを収集し、発信するサイトです。

facebook twitter

※ 現在、記事作成を手伝っていただける在宅ライターを募集しております。詳細はこちらをご覧ください。

薬剤師の転職サイト比較ランキング

「転職サイトって一体どこを選べばいいの・・・?」という薬剤師さんのために、評判が良くて人気が高い、代表的な転職・求人サイトを比較してランク付けしました。

  • 薬キャリ(エムスリーキャリア)
  • マイナビ薬剤師
  • 薬剤師転職ドットコム
  • ファルマスタッフ
  • リクナビ薬剤師
RANKINGランキング