1.   >  
  2.   >  
  3.   >  
  4. 関節リウマチについての代表的な治療薬・作用

関節リウマチについての代表的な治療薬・作用

関節リウマチとは、自己免疫疾患による関節炎です。
免疫の抗原抗体反応は自己を守るためのシステムなので、本来、体にとっては良い事なのですが、この働きが狂うと「自己」と「非自己」の区別が出来ずに、自分自身を傷つけてしまいます。これが自己免疫疾患と言われるものです。

関節リウマチの場合は、まず最初に血液中にあるリンパ球や好中球などの白血球が、自己の細胞表面のレセプターにサイトカインのひとつであるTNFと言う情報伝達分子を接着させて、炎症反応をひき起こし、それが関節に集まります。そうすると、免疫は自己を非自己とみなし攻撃を仕掛けます。そのため、関節中に炎症が起こり、組織が破壊されていきます。
関節が、炎症性サイトカインで満たされると、関節内の組織が炎症を起こし、どんどん破壊され、熱を持ち、痛みが発生し、関節も腫れ上がり、だんだんこわばっていきます。
そして最終的に、関節は変形し固まってしまいます。

関節リウマチは男性よりも女性に発生しやすい疾患です。特に30代以降、高齢になればなるほど多くなります。理由としては完全な治癒が困難であるからです。
また、手と足の関節に多くみられるのが関節リウマチの特徴になっています。

関節リウマチの痛みは、軽症から重度の痛みまで様々です。何もしなくても激痛なので、どうしても痛み止めや炎症止めが必要になります。関節リウマチが引き起こす炎症は、関節を包んでいる膜(滑膜)が、炎症を起こしている滑膜炎というものです。

◆関節リウマチについての代表的な薬と作用◆

■非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)
関節の腫れや炎症を抑え、痛みを軽減しますが、病気の進行を止める事は出来ません。

■遅効性抗リウマチ薬
即効性は無いが、関節の痛みと腫れを徐々に軽減し、関節の破壊が進むのを遅らせます。

■コルチコステロイド薬
抗炎症効果で痛みや腫れや熱を抑えます。長期使用時には副作用があります。

■ 免疫抑制薬
免疫の働きを抑制し、炎症性サイトカインによる関節破壊の進行を遅らせます。

「薬剤師の転職相談所」の購読は
Twitter、Facebook、LINEが便利です

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」薬剤師専用のハウツーサイトです。
facebookまたはtwitter、LINEで最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

薬剤師転職サイトランキング ベスト5

転職や復職をお考えのあなたに、薬剤師の転職相談所の管理人おすすめの転職サイトをご紹介します。

薬キャリ(エムスリーキャリア) 詳細はコチラ
マイナビ薬剤師 詳細はコチラ
薬剤師転職ドットコム 詳細はコチラ
4位 ファルマスタッフ 詳細はコチラ
5位 リクナビ薬剤師 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「薬剤師の転職サイトランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

管理人について

現役薬剤師・エリコ

都内の調剤薬局に勤務中。

当サイトは、日々奮闘している薬剤師さんに代わって、すぐに役立つ薬剤師の情報やキャリアアップにつがなる情報、転職情報などを収集し、発信するサイトです。

facebook twitter

※ 現在、記事作成を手伝っていただける在宅ライターを募集しております。詳細はこちらをご覧ください。

薬剤師の転職サイト比較ランキング

「転職サイトって一体どこを選べばいいの・・・?」という薬剤師さんのために、評判が良くて人気が高い、代表的な転職・求人サイトを比較してランク付けしました。

  • 薬キャリ(エムスリーキャリア)
  • マイナビ薬剤師
  • 薬剤師転職ドットコム
  • ファルマスタッフ
  • リクナビ薬剤師
RANKINGランキング