1.   >  
  2.   >  
  3.   >  
  4. 副腎についての代表的な治療薬・作用

副腎についての代表的な治療薬・作用

副腎についての代表的な治療薬・作用

副腎は腎臓の上部に接して一個づつある内分泌器官です。
腎臓と隣接しているので副腎と言います。

副腎は、副腎髄質と副腎皮質とで成り立っています。
髄質からはアドレナリンやノルアドレナリンという神経物質を分泌して、急激なストレスなどに対抗します。
又、皮質からは副腎皮質ホルモンを分泌します。
副腎皮質ホルモン(コルチゾール)は、抗ストレスホルモンとも呼ばれ、ストレスに対抗するホルモンでもありますが、アトピー治療や炎症を抑える薬(ステロイド剤)としても有名です。
その他、膠原病、喘息などの呼吸器疾患、クローン病などの消化器疾患の治療薬として使用されています。

副腎皮質ホルモンの主な生理作用としては、糖代謝に対する作用、タンパク代謝に対する作用、脂質代謝に対する作用、電解質に対する作用、抗炎症に対する作用、免疫抑制に対する作用、血液に対する作用、骨に対する作用、性ホルモン作用、赤血球増加作用、
中枢神経興奮作用、胃酸増加作用などがあります。

副腎髄質ホルモンの生理作用として、アドレナリンは、主に心臓機能の促進作用と血糖を上昇させる作用とがあります。
ノルアドレナリンは、末梢血管を収縮させて、血圧を上昇させます。

副腎の代表的な疾患としては、急性副腎皮質不全、慢性原発性副腎皮質機能低下症(アジソン病)、続発性副腎皮質機能低下症、クッシング症候群、原発性アルドステロン症などがあります。

◆副腎についての代表的な薬と作用◆

■合成ステロイド剤
主な成分は副腎皮質ステロイド。抗炎症作用や免疫抑制作用などがあります。

■交感神経α受容体遮断薬
交感神経細胞にあるα受容体の働きを遮断する薬剤。

■交感神経β受容体遮断薬
交感神経細胞にあるβ受容体の働きを遮断する薬剤。

■コルチゾール
糖代謝、タンパク代謝、脂質代謝、電解質の代謝、骨代謝などに作用するホルモン。
免疫に作用したり抗炎症作用もあります。

「薬剤師の転職相談所」の購読は
Twitter、Facebook、LINEが便利です

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」薬剤師専用のハウツーサイトです。
facebookまたはtwitter、LINEで最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

薬剤師転職サイトランキング ベスト5

転職や復職をお考えのあなたに、薬剤師の転職相談所の管理人おすすめの転職サイトをご紹介します。

薬キャリ(エムスリーキャリア) 詳細はコチラ
マイナビ薬剤師 詳細はコチラ
薬剤師転職ドットコム 詳細はコチラ
4位 ファルマスタッフ 詳細はコチラ
5位 リクナビ薬剤師 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「薬剤師の転職サイトランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

管理人について

現役薬剤師・エリコ

都内の調剤薬局に勤務中。

当サイトは、日々奮闘している薬剤師さんに代わって、すぐに役立つ薬剤師の情報やキャリアアップにつがなる情報、転職情報などを収集し、発信するサイトです。

facebook twitter

※ 現在、記事作成を手伝っていただける在宅ライターを募集しております。詳細はこちらをご覧ください。

薬剤師の転職サイト比較ランキング

「転職サイトって一体どこを選べばいいの・・・?」という薬剤師さんのために、評判が良くて人気が高い、代表的な転職・求人サイトを比較してランク付けしました。

  • 薬キャリ(エムスリーキャリア)
  • マイナビ薬剤師
  • 薬剤師転職ドットコム
  • ファルマスタッフ
  • リクナビ薬剤師
RANKINGランキング