1.   >  
  2.   >  
  3.   >  
  4. 脳下垂体についての代表的な治療薬・作用
クオカート500円分が当たるチャンス

脳下垂体についての代表的な治療薬・作用

脳下垂体についての代表的な治療薬・作用

脳下垂体とは、下垂体とも呼ばれる内分泌器官です。
脳の一部が伸びて、ぶら下がったように見えることから「脳下垂体」と命名されました。
脳下垂体は、多くのホルモンを分泌すると言う役割を持っています。
ホルモンの働きは、からだの調子を整える働きですから、脳下垂体は生命維持や生体機能維持に関して、かなり重要な働きを持つ器官だと言えます。

脳下垂体は、視床下部ホルモンから指令を受けて、脳下垂体前葉からは、成長ホルモン(GH)、甲状腺刺激ホルモン(TSH)、副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)、性腺刺激ホルモン(ゴナドトロピン)、プロラクチン(PRL)などが分泌されています。

脳下垂体中葉からは、メラニン細胞刺激ホルモン(メラノトロピン、MSH)、神経葉からは、抗利尿ホルモン(バソプレシン)や、オキシトシンなどが分泌されています。

脳下垂体ホルモンが何らかの理由で欠乏すると、他の内分泌腺がつくるホルモンも減少していきます。
ですから、例えば甲状腺や副腎、性腺などの内分泌腺のホルモンが不足している場合には、同時に脳下垂体の機能低下の可能性も考える必要があります。

各ホルモンは、血流に乗って細胞に運ばれて、細胞表面にあるレセプターを通して各細胞に影響を与えています。
ホルモンと細胞のレセプターは、例えると鍵と鍵穴との関係になります。
ですから、特定のホルモンがレセプターを通して細胞内に入り込まなければ、細胞の機能活動は不十分となり、生体に病状・症状が現れてしまうと言う結果になってしまいます。

脳下垂体の機能低下などの場合、手術や放射線による処置が出来なければ、薬での治療になります。
病状の原因としては、ホルモンが分泌されないことなので、治療法としては欠乏している各ホルモンの補充(標的ホルモンの補充)が中心になります。

ですから、ホルモン系の疾患の場合には、ホルモン剤やホルモンの働きを遮断するお薬、レセプターの働きを調節するお薬などが主流になります。

◆脳下垂体についての代表的な薬と作用◆

■各ホルモンの補充

脳下垂体の機能低下の影響で、各ホルモンが作れません。
それを補うために病状・必要量などに合わせて各ホルモンを投与します。

■ドーパミン作動薬
ドーパミン受容体に刺激を与えて、各器官の機能を回復させます。

■抗ドーパミン薬
ドーパミン受容体の働きを阻害してドーパミンが働かないようにします。
ドーパミンの過剰分泌で起きる諸症状を緩和します。

 

クオカート500円分が当たるチャンス

「薬剤師の転職相談所」の購読は
Twitter、Facebook、LINEが便利です

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」薬剤師専用のハウツーサイトです。
facebookまたはtwitter、LINEで最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

薬剤師転職サイトランキング ベスト5

転職や復職をお考えのあなたに、薬剤師の転職相談所の管理人おすすめの転職サイトをご紹介します。

薬キャリ(エムスリーキャリア) 詳細はコチラ
マイナビ薬剤師 詳細はコチラ
薬剤師転職ドットコム 詳細はコチラ
4位 ファルマスタッフ 詳細はコチラ
5位 リクナビ薬剤師 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「薬剤師の転職サイトランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

管理人について

現役薬剤師・エリコ

都内の調剤薬局に勤務中。

当サイトは、日々奮闘している薬剤師さんに代わって、すぐに役立つ薬剤師の情報やキャリアアップにつがなる情報、転職情報などを収集し、発信するサイトです。

facebook twitter

※ 現在、記事作成を手伝っていただける在宅ライターを募集しております。詳細はこちらをご覧ください。

薬剤師の転職サイト比較ランキング

「転職サイトって一体どこを選べばいいの・・・?」という薬剤師さんのために、評判が良くて人気が高い、代表的な転職・求人サイトを比較してランク付けしました。

  • 薬キャリ(エムスリーキャリア)
  • マイナビ薬剤師
  • 薬剤師転職ドットコム
  • ファルマスタッフ
  • リクナビ薬剤師
RANKINGランキング