1.   >  
  2.   >  
  3.   >  
  4. 地位高い男性 死亡率も高い
クオカート500円分が当たるチャンス

地位高い男性 死亡率も高い

【引用ニュース】 
日本では管理職など社会経済的な地位の高い男性の方が、低い男性よりも、死亡率が高くなっていることが、和田耕治・北里大医学部講師(公衆衛生学)らの調査でわかった。
一般には、地位の低い層ほど不健康な「健康格差」があることが知られているが、不況による労働環境の変化が、管理職の健康悪化という逆転現象を引き起こした格好だ。
(2012年3月15日 読売新聞) 

http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=56081

この調査は1980年から2005年までの職業別死亡率を分析したもの。

1980年~1995年までは、がん、脳卒中、心臓病、自殺、不慮の事故のいずれも、管理職や専門・技術職は、ブルーカラーを含むその他の職種より死亡率が低くなっています。

ところが、2000年以降はすべての死亡原因で逆転し、がんに至っては5割も高くなっています。

また、管理職の自殺死亡率が1995年以降の10年間で3.8倍と増加しているのは、医療従事者としても見逃せない数字です。

管理職の方々の心労はいかばかりか・・・、調子が悪くとも病院へ行く時間もない・・・。でも、これって医師や看護師の方たちも、同じような過酷な状態に置かれていますよね。

私たち薬剤師は、そういう点では緩い職業だとも言えますが、病院薬剤師としてチーム医療に加わっている薬剤師の方は、同じく過酷な労働条件のところが多いようです。

一時的に過酷な状態であったとしても仕方がないものの、やはり“充電時間”は必要です。そんな時間が、毎日30分でも1時間でも確保できたら、かなり違ってくると思います。

そして、私たち薬剤師がこうした方々へ何らかのアドバイスができる機関が、もっと身近にあればなぁ・・・とつくづく思います。

クオカート500円分が当たるチャンス

「薬剤師の転職相談所」の購読は
Twitter、Facebook、LINEが便利です

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」薬剤師専用のハウツーサイトです。
facebookまたはtwitter、LINEで最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

薬剤師転職サイトランキング ベスト5

転職や復職をお考えのあなたに、薬剤師の転職相談所の管理人おすすめの転職サイトをご紹介します。

薬キャリ(エムスリーキャリア) 詳細はコチラ
マイナビ薬剤師 詳細はコチラ
薬剤師転職ドットコム 詳細はコチラ
4位 ファルマスタッフ 詳細はコチラ
5位 リクナビ薬剤師 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「薬剤師の転職サイトランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

管理人について

現役薬剤師・エリコ

都内の調剤薬局に勤務中。

当サイトは、日々奮闘している薬剤師さんに代わって、すぐに役立つ薬剤師の情報やキャリアアップにつがなる情報、転職情報などを収集し、発信するサイトです。

facebook twitter

※ 現在、記事作成を手伝っていただける在宅ライターを募集しております。詳細はこちらをご覧ください。

薬剤師の転職サイト比較ランキング

「転職サイトって一体どこを選べばいいの・・・?」という薬剤師さんのために、評判が良くて人気が高い、代表的な転職・求人サイトを比較してランク付けしました。

  • 薬キャリ(エムスリーキャリア)
  • マイナビ薬剤師
  • 薬剤師転職ドットコム
  • ファルマスタッフ
  • リクナビ薬剤師
RANKINGランキング