1.   >  
  2.   >  
  3.   >  
  4. 薬剤師の病棟業務、週100点で評価

薬剤師の病棟業務、週100点で評価

【引用ニュース】 
2012年度診療報酬改定では、チーム医療が重点課題の一つで、新設される「病棟薬剤業務実施加算」は100点(週1回)に決定した(資料は、厚労省のホームページに掲載)。算定対象はすべての入院患者だが、療養病棟と精神病棟については算定できるのは入院日から4週まで(『薬剤師の病棟薬剤業務、加算新設で評価』を参照)。病棟ごとに、専任の薬剤師を配置するなど、「薬剤関連業務の実施に当たって、十分な時間を確保できる」ことが要件。十分な時間とは、「1病棟当たり週20時間」とされている。
(2012年2月11日 m3.com)

http://www.m3.com/open/iryoIshin/article/148449/?category=report

 
病棟薬剤業務実施加算として週に100ということで、外来・入院患者の調剤業務が中心だった病院薬剤師に新たな道?と思わせるようなうれしい改定ではあります。

詳細については3月上旬に発表されるそうなので細かいところが分からないものの、全病棟の入院患者が対象となり、加算の算定は入院日から4週に限定されるそうです。病棟ごとに専任の薬剤師を配置し「薬剤関連業務」の届出をし実施している場合のみに算定されるということなんですね。

1病棟の人数も詳細が発表されれば分かるのでしょうが、入院病棟などでは薬剤師も夜勤などが必要となるのか?

1病棟・1週当たり20時間」となると、それ以外の時間、つまり薬剤師不在の時間帯のハイリスク薬の投与がされることはないのか?これに関しては、投与されない可能性など明らかにないはずですよね。

「患者等に対するハイリスク薬等に関わる投与前の詳細な説明」
「投与前の相互作用の確認」
と示されていますが、そうなると不在時に「投与前の詳細な説明」は無理になるわけです。「可能なら事前の説明や相互作用の確認をしてね♪」くらいの解釈でいいってことなのだろうか???

いずれにせよ、詳細が発表された段階でも喜んでいられる改定であってほしいものです。

「薬剤師の転職相談所」の購読は
Twitter、Facebook、LINEが便利です

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」薬剤師専用のハウツーサイトです。
facebookまたはtwitter、LINEで最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

薬剤師転職サイトランキング ベスト5

転職や復職をお考えのあなたに、薬剤師の転職相談所の管理人おすすめの転職サイトをご紹介します。

薬キャリ(エムスリーキャリア) 詳細はコチラ
マイナビ薬剤師 詳細はコチラ
薬剤師転職ドットコム 詳細はコチラ
4位 ファルマスタッフ 詳細はコチラ
5位 リクナビ薬剤師 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「薬剤師の転職サイトランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

管理人について

現役薬剤師・エリコ

都内の調剤薬局に勤務中。

当サイトは、日々奮闘している薬剤師さんに代わって、すぐに役立つ薬剤師の情報やキャリアアップにつがなる情報、転職情報などを収集し、発信するサイトです。

facebook twitter

※ 現在、記事作成を手伝っていただける在宅ライターを募集しております。詳細はこちらをご覧ください。

薬剤師の転職サイト比較ランキング

「転職サイトって一体どこを選べばいいの・・・?」という薬剤師さんのために、評判が良くて人気が高い、代表的な転職・求人サイトを比較してランク付けしました。

  • 薬キャリ(エムスリーキャリア)
  • マイナビ薬剤師
  • 薬剤師転職ドットコム
  • ファルマスタッフ
  • リクナビ薬剤師
RANKINGランキング