1.   >  
  2.   >  
  3.   >  
  4.   >  
  5. 抗菌化学療法認定薬剤師

抗菌化学療法認定薬剤師

抗菌化学療法認定薬剤師 抗菌化学療法認定薬剤師とは、抗菌化学療法認定薬剤師制度により認定された薬剤師のことです。

この制度は、日本化学療法学会が2008年にスタートさせたもので、抗菌化学療法に関する知識とスキルを身に付け、抗菌薬の適正使用を進める専門職となります。

 

認定を受けるには、以下の条件を満たしている必要があります。

  • 薬剤師の免許を有していること
  • 日本化学療法学会が認定する施設およびその関連施設において通年5年以上の研修を行っていること
  • 日本化学療法学会の正会員であること
  • 処方設計支援を含む感染症患者の治療に参加し、25以上の症例を報告できること
  • 日本化学療法学会の指定する研修において定められた単位数以上(60単位以上)を履修していること

など

抗菌化学療法では、医師やコメディカルが一丸となりチームで治療にあたることが重要です。その中で、抗菌化学療法認定薬剤師という資格は、薬剤師が一般臨床医に対して介入を行う際の強制力にもなります。

抗菌化学療法認定薬剤師と似ているものに、日本病院薬剤師会の感染制御専門・認定薬剤師という資格がありますが、その内容は異なります。感染制御専門・認定薬剤師は、消毒から病院内の感染対策まで感染制御全般を幅広く担当し、その目的はICTで活躍する薬剤師の養成です。

一方、抗菌化学療法認定薬剤師は抗菌化学療法に特化した資格となります。その領域は、TDMや抗菌薬の届出・許可制などに関して、医師への発言権を強める目的があります。例えば、TDMにおいては薬剤師が安全性のチェックをするだけでなく、病態によっては治療効果を高めるためにバイコマイシンを勧めたり、抗菌薬の選択自体を提案したりすることなども抗菌化学療法認定薬剤師に求められています。

米国では、「CDTM」と呼ばれる共同薬物治療管理業務があり、薬剤師も医師との契約のもと部分的に処方権が認められています。ただし、CDTMには医師の反発や保険給付の問題など課題が山積みで、全土への普及は難しいとされています。

こうした状況も踏まえ、日本での抗菌化学療法認定薬剤師という制度は、薬剤師の存在なしでは今後、抗菌化学療法が成り立たないだろうということの象徴であり、薬剤師への期待の現れに外ならないのではないでしょうか。

 
公益社団法人 日本化学療法学会
http://www.chemotherapy.or.jp/

一般社団法人 日本病院薬剤師会
http://www.jshp.or.jp/

「薬剤師の転職相談所」の購読は
Twitter、Facebook、LINEが便利です

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」薬剤師専用のハウツーサイトです。
facebookまたはtwitter、LINEで最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

薬剤師転職サイトランキング ベスト5

転職や復職をお考えのあなたに、薬剤師の転職相談所の管理人おすすめの転職サイトをご紹介します。

薬キャリ(エムスリーキャリア) 詳細はコチラ
マイナビ薬剤師 詳細はコチラ
薬剤師転職ドットコム 詳細はコチラ
4位 ファルマスタッフ 詳細はコチラ
5位 リクナビ薬剤師 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「薬剤師の転職サイトランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

管理人について

現役薬剤師・エリコ

都内の調剤薬局に勤務中。

当サイトは、日々奮闘している薬剤師さんに代わって、すぐに役立つ薬剤師の情報やキャリアアップにつがなる情報、転職情報などを収集し、発信するサイトです。

facebook twitter

※ 現在、記事作成を手伝っていただける在宅ライターを募集しております。詳細はこちらをご覧ください。

薬剤師の転職サイト比較ランキング

「転職サイトって一体どこを選べばいいの・・・?」という薬剤師さんのために、評判が良くて人気が高い、代表的な転職・求人サイトを比較してランク付けしました。

  • 薬キャリ(エムスリーキャリア)
  • マイナビ薬剤師
  • 薬剤師転職ドットコム
  • ファルマスタッフ
  • リクナビ薬剤師
RANKINGランキング