1.   >  
  2.   >  
  3.   >  
  4. 疼痛緩和について
クオカート500円分が当たるチャンス

疼痛緩和について

疼痛緩和について 疼痛とは、痛みをあらわす医学用語で、最初ははっきりとした鋭い痛みが生じ、徐々にじんじんとした痛みを感じるようになります

痛みが起こるのは、物理的な刺激やセロトニン、ブラジキニンなどの疼痛物質による科学的な刺激に対し、疼痛神経がそれを感知し痛みと認識した結果です。

痛みを和らげるには、単純に鎮痛薬を処方すれば良いというものではなく、鎮痛補助薬と呼ばれる様々な薬剤を使用することが大切です。痛みには大別して2つあり、こうした痛みを和らげる治療疼痛緩和と呼びます。

急性疼痛
急性疼痛は虫歯や虫垂炎、骨折や捻挫など短期間で発生する組織損傷に伴う痛み。
慢性疼痛
組織損傷は治癒したものの、その後にも続く痛みとされ、半年以上続く慢性的なもの。

疼痛緩和という言葉は、よくガン治療の際に使われます。ガンの場合、すべての患者さんに痛みがあるわけではないものの、悪性腫瘍になると耐え難い痛みに襲われることがしばしばあります。またその痛みから、痛みがないときでさえ「いつ痛みに襲われるか」という不安でぐっすりと眠れず、生きる希望さえ失ってしまう患者さんも少なくありません。

疼痛緩和で大切なことはその患者さんにより異なる痛みの原因を正しく評価・診断することです。どのような痛みなのか、部位や性状、痛みの強さなどを正しく聞き取り、適切な治療法を選択することが重要になります。その上で、鎮痛剤や鎮痛補助剤を用いて痛みをコントロールしなければなりません。

疼痛緩和のために使用される鎮痛薬は、NSAIDsオピオイドだけではありません。抗うつ剤や抗痙攣薬、血管作動性薬剤や漢方薬などの鎮痛補助薬が必要になることもあり、心因性疼痛では、しばしば抗うつ薬や抗不安薬などが用いられます。

薬剤を用いた疼痛緩和以外にも、鍼治療やマッサージ、瞑想、イメージ療法などがあります。これらの方法は「補完医療」「統合医療」とも呼ばれ、近年注目を集めている疼痛緩和療法です。

いずれにせよ、医療従事者として大切なのは、患者さんの痛みをいかにして和らげてあげることができるかということです。その中でも、薬剤師は疼痛コントロールのための患者さんへの服役指導と併せ、医療スタッフへの適切な情報提供という重要な役割があります。

クオカート500円分が当たるチャンス

「薬剤師の転職相談所」の購読は
Twitter、Facebook、LINEが便利です

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」薬剤師専用のハウツーサイトです。
facebookまたはtwitter、LINEで最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

薬剤師転職サイトランキング ベスト5

転職や復職をお考えのあなたに、薬剤師の転職相談所の管理人おすすめの転職サイトをご紹介します。

薬キャリ(エムスリーキャリア) 詳細はコチラ
マイナビ薬剤師 詳細はコチラ
薬剤師転職ドットコム 詳細はコチラ
4位 ファルマスタッフ 詳細はコチラ
5位 リクナビ薬剤師 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「薬剤師の転職サイトランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

管理人について

現役薬剤師・エリコ

都内の調剤薬局に勤務中。

当サイトは、日々奮闘している薬剤師さんに代わって、すぐに役立つ薬剤師の情報やキャリアアップにつがなる情報、転職情報などを収集し、発信するサイトです。

facebook twitter

※ 現在、記事作成を手伝っていただける在宅ライターを募集しております。詳細はこちらをご覧ください。

薬剤師の転職サイト比較ランキング

「転職サイトって一体どこを選べばいいの・・・?」という薬剤師さんのために、評判が良くて人気が高い、代表的な転職・求人サイトを比較してランク付けしました。

  • 薬キャリ(エムスリーキャリア)
  • マイナビ薬剤師
  • 薬剤師転職ドットコム
  • ファルマスタッフ
  • リクナビ薬剤師
RANKINGランキング