1.   >  
  2.   >  
  3.   >  
  4. 【日本糖尿病学会】 ビグアナイド薬適正使用で勧告‐添付文書遵守の徹底を
クオカート500円分が当たるチャンス

【日本糖尿病学会】 ビグアナイド薬適正使用で勧告‐添付文書遵守の徹底を

【引用ニュース】
日本糖尿病学会の委員会は、ビグアナイド薬の適正使用に関する勧告を発表した。
同剤の副作用で予後不良の乳酸アシドーシス発現症例の特徴を検討した結果、特徴として、併用禁忌や慎重投与になっている事項に違反した症例がほとんどで、添付文書遵守の徹底を求めると共に、投与に当たっては適切な患者を選択し、患者に対し服薬や生活習慣などの指導を十分に行うことが重要としている。
(2012年2月8日 薬事日報)

http://www.yakuji.co.jp/entry25482.html

海外では、日本未発売のビグアナイド薬「フェンホルミン」が、やはり乳酸アシドーシスの問題で使用禁止になっていますよね。

同じくビグアナイド系の血糖降下薬「メトホルミンン」も、その適応や用量は一日最高投与量750mgと制限が課せられました。

日本では「メルビン」「グリコラン」「ジベトス」などの商品名で出回っています。ビグアナイド薬には危険な副作用があるとして、乳酸アシドーシスのリスクは、かなり以前から懸念されていましたよね。
一時にあまり使われていなかったのですが・・・。

投与している患者が乳酸アシドーシスになると、けいれんや脱力感、嘔吐などの症状が出て、死に至ることもあります。死亡率50%とも言われているんですね。

ですので、本当に適正使用が厳守です。低用量での症例もありますし、数年後に発現した症例もあるのですから、これに関しては、私たち薬剤師の役割大!です。

過度のアルコール摂取や脱水状態についての服役指導も欠かせません。75歳以上の高齢者では、新規の患者さんへの投与は原則推奨していないわけです。

そのことは医師も十二分に承知ですが、私たち薬剤師がさらにチェックすることをリスクをより軽減することができると思います。

クオカート500円分が当たるチャンス

「薬剤師の転職相談所」の購読は
Twitter、Facebook、LINEが便利です

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」薬剤師専用のハウツーサイトです。
facebookまたはtwitter、LINEで最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

薬剤師転職サイトランキング ベスト5

転職や復職をお考えのあなたに、薬剤師の転職相談所の管理人おすすめの転職サイトをご紹介します。

薬キャリ(エムスリーキャリア) 詳細はコチラ
マイナビ薬剤師 詳細はコチラ
薬剤師転職ドットコム 詳細はコチラ
4位 ファルマスタッフ 詳細はコチラ
5位 リクナビ薬剤師 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「薬剤師の転職サイトランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

管理人について

現役薬剤師・エリコ

都内の調剤薬局に勤務中。

当サイトは、日々奮闘している薬剤師さんに代わって、すぐに役立つ薬剤師の情報やキャリアアップにつがなる情報、転職情報などを収集し、発信するサイトです。

facebook twitter

※ 現在、記事作成を手伝っていただける在宅ライターを募集しております。詳細はこちらをご覧ください。

薬剤師の転職サイト比較ランキング

「転職サイトって一体どこを選べばいいの・・・?」という薬剤師さんのために、評判が良くて人気が高い、代表的な転職・求人サイトを比較してランク付けしました。

  • 薬キャリ(エムスリーキャリア)
  • マイナビ薬剤師
  • 薬剤師転職ドットコム
  • ファルマスタッフ
  • リクナビ薬剤師
RANKINGランキング