1.   >  
  2.   >  
  3.   >  
  4.   >  
  5. 薬剤師としてのブランクをどう克服するか

薬剤師としてのブランクをどう克服するか

p5403

結婚や妊娠・出産・子育てでブランクが空いてしまったけど、ブランクを克服して職場復帰したいと考えている女性薬剤師は少なくありません。

そこで、どのようなことを勉強しておけばいいのか、薬の知識や薬事法、保険制度の勉強などについてお伝えします。

ついでに、ブランクのある人に人気の職場やブランクのある人向けに研修制度を取り入れている職場についても調べてみましたよ!

薬剤師でも復職している人は少ない?!

薬剤師の男女比は「3:7」で圧倒的に女性が多いのですが、女性の場合、結婚や出産などで離職してしまう事も多いですよね。

実際に厚生労働省の統計では、薬剤師の総数は多くなっているのに、29歳以下の若手薬剤師の数は年々減少。

2010年の統計データでは以下のような結果が出ています。

  • 29歳以下・・・ 17.6%
  • 30~39歳・・・ 25.8%
  • 40~49歳・・・ 22.5%
  • 50~59歳・・・ 20.6%

この数字から見ても、結婚や出産・育児による女性薬剤師の離職と併せ、いかに復職している人が少ないかが窺えます。

でも、本来なら薬剤師は技術職ですし、やり甲斐を持って一生涯続けられる職業でもあるはず。

あなたも、子育てが一段落したら現場に復帰したいと考えているのではありませんか?

復職までに勉強しておくべきこと

「でも、5年、10年とブランクがあると復職してもついていけるか心配・・・」

確かに心配になる気持ちはわります。現場から離れている間に医療技術も進歩し、新薬の発売、制度の変化、新しい概念の導入など多くの変化があるのは事実。

2014年6月には制度の改正で、第一類医薬品の一部が要指導医薬品に分類されたり、調剤報酬や薬価改定も2年毎にあったりと、ブランクが長ければ長いほど、その間のギャップを埋めるのはかなり大変ですよね。

まず、どんなことを勉強しておけばいいのか―

  1. 調剤の基礎・・・計数調剤や軟膏の混合の仕方など大学で学んだことを復習しておく。
  2. 疾患と薬剤について・・・代表的な疾患や薬剤、新薬についても勉強しておく。
  3. 薬歴管理・・・POSの考え方に基づきSOAP形式での薬歴の書き方や考え方について勉強しておく。
  4. 法律や関連法規・・・医療保険制度や調剤報酬などの関連法規などについて、全体像だけでも把握しておく。

と言っても、最初から気合を入れ過ぎるとリタイヤしやすので、まずは代表的な薬の薬効や服薬指導に必要な知識の復習から始めるのがオススメ。

今はインターネットで色々な情報を集められますし、薬事日報や日経DIなども利用してみるといいですね。

復職支援プログラムなどを上手に活用しよう!

ただ、一人でやるのには限界があります。

そこで上手に活用したいのが、大手の調剤薬局チェーンや人材紹介サービスが主催する「復職支援プログラム」です。

たとえば、OJTを通じて研修しながら最新の現場を体験していき、基礎的な知識やマナーを取り戻していくプログラムであったり、SOAP形式による薬歴記入の指導や新しい技術や概念を習得するためのセミナーであったり、調べてみると色々開催されています。

また、大学によっては4年制時代の薬剤師が学び直しを行うための教育支援プログラムも行っているようなので、正社員として本格的に復職を考えている方にはいいかもしれませんね。

ママ薬剤師に人気の職場は?

こうしてブランクを埋め、準備が整えば、後はブランクOK!の職場を探して復帰をするだけ。

でも、女性の場合、子育てから完全に手が離れるのは50代になってから…
となる、どんな職場が働きやすいのでしょうか?

そんなママ薬剤師に人気なのが、調剤薬局の仕事

子どもがいれば土日はできれば休みたいし、子どものケガや病気で急にお休み・・・なんてこともあります。そうなると、本格的に正社員として復帰するのはちょっとハードルが高そうです・・・。

でも、パートで勤務するといってもドラッグストアは仕事もハードで、勤務時間も夜遅い時間帯や土日出勤などが条件となったりすることも。

その点、調剤薬局は

  • 求人数が圧倒的に多いため、自分の条件に合わせて選びやすい
  • ブランクのある薬剤師向けに復職支援プログラムが用意されている調剤薬局が多い

などの理由から人気です。

プログラムの内容は調剤薬局によっても異なりますが、調剤研修や処方箋の読み方だけでなく、接客や接遇の研修なども行っているところもあるそうですなので、ブランクの不安もそれほど心配なさそうです。

 

いずれにせよ、復職に不安のある方や復職支援プログラムを行っている調剤薬局を知りたいという方は、一度、転職サイトのキャリアコンサルタントなどに相談してみるといいかもしれませんね。

 

「薬剤師の転職相談所」の購読は
Twitter、Facebook、LINEが便利です

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」薬剤師専用のハウツーサイトです。
facebookまたはtwitter、LINEで最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

薬剤師転職サイトランキング ベスト5

転職や復職をお考えのあなたに、薬剤師の転職相談所の管理人おすすめの転職サイトをご紹介します。

薬キャリ(エムスリーキャリア) 詳細はコチラ
マイナビ薬剤師 詳細はコチラ
リクナビ薬剤師 詳細はコチラ
4位 薬剤師転職ドットコム 詳細はコチラ
5位 ヤクステ 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「薬剤師の転職サイトランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

管理人について

現役薬剤師・エリコ

都内の調剤薬局に勤務中。

当サイトは、日々奮闘している薬剤師さんに代わって、すぐに役立つ薬剤師の情報やキャリアアップにつがなる情報、転職情報などを収集し、発信するサイトです。

facebook twitter

※ 現在、記事作成を手伝っていただける在宅ライターを募集しております。詳細はこちらをご覧ください。

薬剤師の転職サイト比較ランキング

「転職サイトって一体どこを選べばいいの・・・?」という薬剤師さんのために、評判が良くて人気が高い、代表的な転職・求人サイトを比較してランク付けしました。

  • 薬キャリ(エムスリーキャリア)
  • マイナビ薬剤師
  • リクナビ薬剤師
  • 薬剤師転職ドットコム
  • ヤクステ
RANKINGランキング