1.   >  
  2.   >  
  3.   >  
  4.   >  
  5. 薬剤師の地方求人 高待遇の理由と転職する際の注意点
クオカート500円分が当たるチャンス

薬剤師の地方求人 高待遇の理由と転職する際の注意点

人材紹介会社などで紹介されている薬剤師向けの地方求人情報の中で

『年収700万円以上、引越し代負担、住居用意!』

こんな、非常に魅力的なフレーズが見受けられることがあります。

 

コレ、何か特別なワケがあるのかな、と思っちゃいますよね。

興味はあるけれど、実際に転職するのはちょっと…と考える方がほとんどだと思います。

p48671

今回はそんな薬剤師の地方求人が高待遇である理由を紹介するとともに、薬剤師として地方へ転職してみたいという方に、どんなことに注意すべきか、アドバイスしていきたいと思います。

 

まずは、薬剤師の地方求人が高待遇である理由について考えてみましょう。

薬剤師の地方求人が高待遇な理由とは?

理由は、以下の3つが主に挙げられます。

  • その地方自体で薬剤師資格保持者が少ないこと
  • 交通の便が悪く、人材が集まりにくい土地であること
  • 一人薬剤師、残業が多いなど、薬剤師にとって仕事が長続きしづらい環境である可能性が高いこと

 

薬剤師の地方求人について、こういった高待遇の理由をしっかり調査し理解した上で、転職を考える必要があるんですよね。

転職に失敗した場合は、雇う側も雇われる側もやり直しが大変ですから…

こんなことを言ってしまうと、地方に転職したくなくなってしまうかもしれませんね。

 

でも、大丈夫!

別の土地で働くことになったとして、事前にどんな問題が想定されるのか調べて対策できれば、何も恐れることはないワケです。

 

地方に転職する際には以下の2つを想定しておくと、まずは一安心でしょう。

  • 薬剤師が地方に転職する前に調べておくべきこと
  • 薬剤師が地方への転職が決まったら心得ておくこと

 

この2つについて、アドバイスしていきたいと思います。

薬剤師が地方に転職する前に調べておくべきこと

地方へ転職してから「こんなはずじゃなかった」と後悔しないために、事前に綿密な調査が必要です。調査のポイントは次の3つです。

 

1. 職場や生活環境はどんなところか

p48671_3

住居は職場の近くに用意されます。

待遇の中に、「車1台支給」とあったら、”車がなければ移動すら困難な場所”ということも考えられます。

実際にその土地で生活することをイメージし、近隣のスーパーや公共機関などを地図でしっかり確認しましょう

また、ペットがいる場合や引っ越し時の荷物が多い場合は、受け入れや搬入が可能な住居であるか、細かい確認も必要です。

 

2. 実際の給与はどうなるのか

「経験により優遇」など、はっきり提示されていないことがあります。その場合は、薬剤師の人材紹介会社を通じ、予め相場を聞き出してみましょう

例えば、沖縄などの南西地方では給与が低い場合があります。
これは、「趣味:マリンスポーツ」という薬剤師も多くいるため、人材が集まりやすいことや、元々その地方の物価や給与水準が低い等の理由が考えられます。

複数年契約の場合、次年度以降の昇給の有無も確認しておくと良いでしょう。

 

3. 求人内容で不利な点はないか

雇用形態について

3か月や1年などの期限付きのもの(Uターン)通常の求人(Iターン)があります。

短期の場合なら、あと〇〇ヶ月!と割り切って働くことも可能です。

しかし、長期の場合にはそうはいきません。
契約を結んだ場合、中途退職では不利な条件が盛り込まれていることがあります

さらに、職業紹介所などの情報だけでは、詳細情報まで把握していないケースが見受けられます。

Iターンや長期の就職を考える場合は、現地情報に詳しい転職支援会社を利用して、可能な限り面接をしてもらい、自分で判断をすることも大切です。

自信がない人や不安な人は、短期契約などの求人からスタートすることをおすすめします。

 

勤務体制について

就職後の勤務体制についても必ず確認することをオススメします。

求人情報の中で、転職先の職場の薬剤師人数が「1人」となっている場合、あなたが就職した瞬間にその人が退職し、1人薬剤師になってしまう可能性があります。

 

その他

引越し代負担」とある場合は、往復なのか・行きだけなのか、事前に確認しておくとよいでしょう。

事前に雇用契約書をしっかり作成してもらえると安心です。

 

薬剤師で地方に転職が決まったら心得ておくこと

慣れない土地での新しい生活は、毎日がとても新鮮です。

しかし調べに調べて、転職してもギャップを感じることもあるかもしれません。

ここでは、地方に転職経験のある薬剤師に聞いた”別の土地で上手く生活するためのポイント”についてお話したいと思います。

 

1. 短期でも人間関係を軽んじない

地方の人=あたたかいとか、のんびりしているんだろうな…など決めつけていませんか?
実際はそんなイメージとは反対に、閉鎖的な部分もあるかもしれません

職場の人に「趣味を満喫したくて~」などと言おうものなら、「遊び半分に来たヨソ者」と警戒されることもあります。そうなると、仕事で上手くいくことも、いきづらくなるものです。

まずは仕事を頑張るなどして、1日も早く信頼関係を築けるよう努力する必要があります。

 

2. その土地の友人を作る

その土地に友人や親戚はいますか?もし、いないなら積極的に友人を作ることを心がけましょう。

仕事以外の私生活で話したり遊んだりする相手がいないのは、とても淋しいものです。
周りに遊べる環境がない場所や交通の便の悪い場所では、ストレス解消に苦労するかもしれません

そんな時は、役所で地元のコミュニティやサークルを紹介してもらうのも、その土地で友人を作る方法の一つです。

共通の趣味や興味をもった友人は、その土地を離れた後でも、交流を持ち続けることができるでしょう。

p48671_4

 

3. その土地の方言や風習を受け入れる

方言について

仕事をするようになって、その土地ならではの方言や訛りに戸惑うことがあるかと思います。

例えば、”ものもらい”は「めいぼ」「めばちこ」と呼ばれることもありますね。

こんな風に、病名も方言だと「何のこと?何を言っているの??」と服薬指導にも困ってしまいます。

しかし、お年寄りの患者さん中には、方言を標準語に直すことができず、もどかしそうにしている方がいらっしゃいます。

自分がその土地の方言を使う必要はありませんが、その土地の方言を理解する努力をしてみましょう。

こちらが理解してあげることで、相手に喜びと安心感を与えることができます。

 

風習について

地方によってはお盆正月など、独特の風習を持っていることがあります。

例えば、沖縄の人々は先祖をとても大切にしていますよね。お盆には海から帰って来るご先祖様たちを迎えて過ごすという風習もあります。

そんな時期に、ご先祖を顧みることなく海でダイビング!

…正直あまりオススメできる行動ではありません。
(他にも、お盆に海に入ると「連れていかれる」と言って忌み嫌う方もいらっしゃいます)

沖縄は旧盆なので、出身地のお盆の時期と違うかもしれませんが、ダイビングが趣味の方もこの時くらいは海に入るのを控え、沖縄の人達と一緒に祖先に手を合わしてみるのもいいのではないのでしょか。

是非、私は関係ない!と我流を通さず、ぜひその土地に興味を持って、いっそ学んでみてはいかがでしょうか。

 

実際の薬剤師 地方求人をチェック!

2016年8月29日現在、当サイトのランキングでも紹介している薬キャリにはこんな求人がありました。

17時終業、しかも土日休み!年収800万円も狙える 病院薬剤師 求人【北海道 岩見沢市】

p48671_0829

地方への転職を考える人にとって、かなりの好条件求人ですよね。

興味のある方は、転職後どんなことが想定されるか、いろいろ確認してみてはいかがでしょうか。

 

おわりに

薬剤師の地方への転職は、とにかく【事前に、しっかりとした情報収集】が必須です。

残念ながら、薬剤師として立派な業績や特別なスキルがある場合を除き、理由なき高待遇はほぼあり得ません。

地方へ転職する際も、高待遇や趣味の満喫に釣られず、1つの仕事として冷静に見極めましょう。

そして、地方へ転職した後は、慣れるまで基本的には『郷に入れば郷に従え』です。
仕事だけでなく、その土地のことを、まずはよく理解し受け入れてみてください。

信頼関係が築ければ、どんな地域でも薬剤師として患者さんの力になれることに変わりありません。

これさえ肝に銘じていれば、地方への転職は薬剤師としてだけでなく、人として沢山の人生経験を積むチャンスになるはずですよ!

クオカート500円分が当たるチャンス

「薬剤師の転職相談所」の購読は
Twitter、Facebook、LINEが便利です

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」薬剤師専用のハウツーサイトです。
facebookまたはtwitter、LINEで最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

薬剤師転職サイトランキング ベスト5

転職や復職をお考えのあなたに、薬剤師の転職相談所の管理人おすすめの転職サイトをご紹介します。

薬キャリ(エムスリーキャリア) 詳細はコチラ
マイナビ薬剤師 詳細はコチラ
薬剤師転職ドットコム 詳細はコチラ
4位 ファルマスタッフ 詳細はコチラ
5位 リクナビ薬剤師 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「薬剤師の転職サイトランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

管理人について

現役薬剤師・エリコ

都内の調剤薬局に勤務中。

当サイトは、日々奮闘している薬剤師さんに代わって、すぐに役立つ薬剤師の情報やキャリアアップにつがなる情報、転職情報などを収集し、発信するサイトです。

facebook twitter

※ 現在、記事作成を手伝っていただける在宅ライターを募集しております。詳細はこちらをご覧ください。

薬剤師の転職サイト比較ランキング

「転職サイトって一体どこを選べばいいの・・・?」という薬剤師さんのために、評判が良くて人気が高い、代表的な転職・求人サイトを比較してランク付けしました。

  • 薬キャリ(エムスリーキャリア)
  • マイナビ薬剤師
  • 薬剤師転職ドットコム
  • ファルマスタッフ
  • リクナビ薬剤師
RANKINGランキング