1.   >  
  2.   >  
  3.   >  
  4. 薬剤師を辞めたいと思ったら…円満退職するためのポイント

薬剤師を辞めたいと思ったら…円満退職するためのポイント

p47915_1

お世話になった職場に、しこりは残したくないもの。

円満に退職するためには、いくつかのポイントがあります。これらのポイントを押さえて、お互いにスッキリとした気持ちで最後の挨拶ができるようにしましょう。

ポイント1: 転職時期のタイミング

何らかの不満があったとしても、よっぽどの理由が無い限り、

  • 前もって退職の意志を伝える
  • 繁忙期は避ける など

お世話になった会社ですから、できるだけ迷惑をかけないようにするという姿勢が大切です。

一般的に、1ヶ月前には、上司に伝えた方が良いと言われています。しかし、自分の仕事の引き継ぎ内容が多いと感じるのなら、それ以上前に伝えた方が良いです。

また、人手不足で仕事が回らなくなる可能性があるならば、次の人材が入職するまで働いて欲しいとお願いされる可能性もあります。

ある病院では、小児科の病棟を担当していた年配の薬剤師が突然退職してしまい、全く引継ぎ業務ができないまま、任された新人の薬剤師が尻拭いで苦労していたというケースもありました。

「辞めるから、その後のことは知らない」という態度は避けた方が良いですし、就業規則で2ヶ月前や3ヶ月前などと具体的に決められている場合は、その通りにしたほうがスムーズに退職できるでしょう。

ポイント2: 退職の伝え方

いきなり、退職願いを突きつけるのではなく、まずは直属の上司に口頭で伝えましょう

p47915_2

  • 「ご相談したいことがありますので、お時間をいただけないでしょうか」
  • 「折り入って、お話があるのですが、、、」

というように、重要な相談なので時間を作ってもらいましょう。

メールが主流の昨今、「○○月に退職したいので、よろしくお願いします。」などと、相談なしに結論を一方的に送りつけて済まそうとするのは、相手の心象も良くありません。さらに、うまく伝わらないことで、誤解が生じて拗れる可能性もありますので、避けた方が良いでしょう。

退職願は、会社で決められた様式や指定の用紙がある場合もありますので、指示に従いましょう。

ポイント3: 退職理由の伝え方

家庭の事情で条件が合わなくなったり、自分のステップアップのための目標夢のため次のステージに進みたいという思いが強いなどの具体的な理由があるなら、正直に伝えてよいでしょう。しかし、、、

不満があって辞める場合はどうでしょうか?

正直に伝えるかどうか悩むところですよね。

不満を前面に出すと、お互いにいい気持ちはしません。ですが、自分以外にも同じ不満を抱えて悩んでいる人が多い、また、それが理由で人が定着しないなどの問題がある場合では、勇気を持って伝えた方が改善の為のきっかけになり良いケースもあります。

若い店長の理不尽な行動やキツイ物言いに、我慢できない年上のスタッフが、1ヶ月、1週間という短期間で、入っては次々と辞めて行くという問題を抱えた薬局。。。退職者の申し出により、やっと本部が動いてくれたというようなこともあるのです。

もし、退職を引き止められたら?

退職を決めたのなら、自分の意志をしっかりと持つことも大切です。

p47915_3

気持ちが曖昧だと、情もありますし、会社のお願いや提案を断れずに、タイミングを失ってしまうこともあります。会社側も、有能な人材ほど、手放したくないものです。

何らかの不満がある場合でも、その不満が改善されたら続けて働く気があるのか、自分の心に問いかけておきましょう。

例えば、残業が多すぎて辛いため退職を申し出たが、もう少ししたら人を増やすからそれまで我慢してくれと言われたり、定時に終わる部署に異動させてあげるからと言われたり、、、しかし、気づいたら何ヶ月も経過していた、というケースもあります。

会社側の対応が、言葉通りにスムーズに遂行されるかどうかの保証はありません
「やっぱり、あの時辞めておけばよかった、、、」と後悔しないようにしましょう。

退職時の手続き

退職時に会社へ返却するものと、受け取るものを大まかに挙げます。

退職時に返却するもの

  • 健康保険被保険者証
  • 社員証などの身分証明書、名刺、名札
  • 通勤定期券
  • 白衣・制服など
  • その他経費で購入した書籍や事務用品
  • 業務用の資料やデータなど

基本的に会社から支給されたものは全て返却します。扱いが分からない物は、自分で判断せず、会社に確認を取りましょう。

退職時に受け取るもの

  • 薬剤師免許証
  • 離職票(雇用保険被保険者離職票)
  • 雇用保険被保険者証
  • 源泉徴収票
  • 年金手帳

新しい会社へ提出する書類や手続きに必要な書類もあります。退職後にやりとりをしなくていいようにチェックしておきましょう。

また、雇用保険の手続きが必要になる場合もあります。保険・年金・税金の手続きなどもチェックしておいた方がよいでしょう。

まとめ

お世話になった会社に敬意を払い、計画的にスケジュールを立てて行動することが円満退職への近道です。何事も、事前準備が重要ですね。

「薬剤師の転職相談所」の購読は
Twitter、Facebook、LINEが便利です

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」薬剤師専用のハウツーサイトです。
facebookまたはtwitter、LINEで最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

薬剤師転職サイトランキング ベスト5

転職や復職をお考えのあなたに、薬剤師の転職相談所の管理人おすすめの転職サイトをご紹介します。

薬キャリ(エムスリーキャリア) 詳細はコチラ
マイナビ薬剤師 詳細はコチラ
薬剤師転職ドットコム 詳細はコチラ
4位 ファルマスタッフ 詳細はコチラ
5位 リクナビ薬剤師 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「薬剤師の転職サイトランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

管理人について

現役薬剤師・エリコ

都内の調剤薬局に勤務中。

当サイトは、日々奮闘している薬剤師さんに代わって、すぐに役立つ薬剤師の情報やキャリアアップにつがなる情報、転職情報などを収集し、発信するサイトです。

facebook twitter

※ 現在、記事作成を手伝っていただける在宅ライターを募集しております。詳細はこちらをご覧ください。

薬剤師の転職サイト比較ランキング

「転職サイトって一体どこを選べばいいの・・・?」という薬剤師さんのために、評判が良くて人気が高い、代表的な転職・求人サイトを比較してランク付けしました。

  • 薬キャリ(エムスリーキャリア)
  • マイナビ薬剤師
  • 薬剤師転職ドットコム
  • ファルマスタッフ
  • リクナビ薬剤師
RANKINGランキング