1.   >  
  2.   >  
  3.   >  
  4.   >  
  5. 薬剤師に向いている人、向いていない人
クオカート500円分が当たるチャンス

薬剤師に向いている人、向いていない人

薬剤師を目指す若い学生は全国各地にいます。親や周囲の大人から薬剤師になることをすすめられる場合もあるでしょう。

しかし、薬剤師に向いていない人が薬剤師になろうとするのは建設的なことではありません……どちらかといえば、無駄な行いでしょう。

それではどのような人が薬剤師に向いているのでしょうか?

正確さを追及・実践できること

「大事なことについては、決して適当に済ませない性格であること」が第一条件ですね。

薬剤師は多くの薬品を取り扱いますが、その数と種類は膨大なものになります。名前も種類も効能も少しずつ違うような薬品(つまりは、紛らわしい薬品ですね)が大量にありますが、それを正確に使いこなさなくては仕事ができません。

特に几帳面さが要求されるのは調剤のときでしょう。それぞれの薬品を、正確な分量で調合しなければなりません(さもないと、必要な効能を発揮しません。それどころか、人体に悪影響を及ぼしかねません)。微量な違いが大きな違いをもたらす世界であることをよく認識して仕事にあたることができる人が薬剤師の世界では必須なのです。

それぞれの薬品には、さまざまな性質があるため、同時に人体に入ったときに害を及ぼす危険性や、副作用等に関する知識も正確に使いこなせなくてはいけません。

薬学部は理系の学部に含まれますから、あまり計算が苦手な人は目指さないでしょうが、
細かい計算を毎日のように繰り返すような作業を苦にしない性格であることも、同様に重要な要素でしょう。

コミュニケーションスキル

最近特に求められているコミュニケーションスキルもうひとつ、最近特に求められていることがあります。
それは、コミュニケーションスキルですね。どんな相手に対しても、わかりやすい説明をできるようにならないといけないということです。

最近は高齢者が増加していますが、高齢で介護を受けているような人でも理解できるような、上手な説明を実行することが求められているのです。

以上は、主に薬局で調剤を担当するような薬剤師に必要な適性ですが、他の職場に勤務する場合でも、これらの適性は必要でしょう。

研究や開発、あるいは治験や検査等の業務に携わる場合でも、やはり正確に薬品を取り扱わなければいけませんし、営業職等に携わる場合は、毎日のようにいろいろな人と顔を合わせて折衝を繰り返すことになりますから、コミュニケーションスキルに長けていることは大切です。

クオカート500円分が当たるチャンス

「薬剤師の転職相談所」の購読は
Twitter、Facebook、LINEが便利です

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」薬剤師専用のハウツーサイトです。
facebookまたはtwitter、LINEで最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

薬剤師転職サイトランキング ベスト5

転職や復職をお考えのあなたに、薬剤師の転職相談所の管理人おすすめの転職サイトをご紹介します。

薬キャリ(エムスリーキャリア) 詳細はコチラ
マイナビ薬剤師 詳細はコチラ
薬剤師転職ドットコム 詳細はコチラ
4位 ファルマスタッフ 詳細はコチラ
5位 リクナビ薬剤師 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「薬剤師の転職サイトランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

管理人について

現役薬剤師・エリコ

都内の調剤薬局に勤務中。

当サイトは、日々奮闘している薬剤師さんに代わって、すぐに役立つ薬剤師の情報やキャリアアップにつがなる情報、転職情報などを収集し、発信するサイトです。

facebook twitter

※ 現在、記事作成を手伝っていただける在宅ライターを募集しております。詳細はこちらをご覧ください。

薬剤師の転職サイト比較ランキング

「転職サイトって一体どこを選べばいいの・・・?」という薬剤師さんのために、評判が良くて人気が高い、代表的な転職・求人サイトを比較してランク付けしました。

  • 薬キャリ(エムスリーキャリア)
  • マイナビ薬剤師
  • 薬剤師転職ドットコム
  • ファルマスタッフ
  • リクナビ薬剤師
RANKINGランキング