1.   >  
  2.   >  
  3.   >  
  4.   >  
  5. 薬剤師のPOS(Problem Oriented System)

薬剤師のPOS(Problem Oriented System)

薬剤師のPOS医薬分業が進み、かかりつけ局として薬剤師が患者さんにすべきことは何なのでしょう。POS(Problem Oriented System)は「ピーオーエス」と呼び、日本語では「問題志向型システム」などと訳されています。

服薬指導は薬局薬剤師にとって大切な仕事です。本来、服薬指導は患者さんの生活背景や悩みなども含め、一人一人の状態に合わせて行うものです。ところが、薬剤師になる方は生真面目な方も多く、ついつい服薬指導もマニュアルに沿ったものになりがちだと言います。

POSは、患者さんの視点に立って問題(Problem)を解決していく個別性を重視した薬学的介入方法論で、1960年代にアメリカのローレンス・ウィード氏が考案し、1970年代に入ってから全米に広く普及していきました。日本では1973年に、聖路加国際病院の日野原医師の著書により紹介され、2000年4月の調剤報酬改定により「かかりつけ薬局機能」が盛り込まれたことで注目を集め始めました。

POSは“患者さんの視点に立って”ということで、元々は医師のために考案されたシステムです。事実、これまで医学教育と医療の質的向上に大きく貢献をしてきました。では、薬剤師、薬局にとってPOSをどのように活用すべきなのでしょう。

まず大前提として、POSは薬歴の書き方そのものではありませんし、POSさえできればすべてうまくいくわけでもありません。POSは薬局や薬剤師にとって便利な記録システムではなく、あくまでも「患者さんのProblemを解決するためのもの」ということです。

「この患者さんはどんな問題を抱えているのか?」

「この患者さんに対して自分(薬剤師)は何ができるのか?」

まさにこれこそがPOS導入の目的であるはずです。
では、POSを活用するにはどうすればいいのでしょうか?

POSに欠かせないのが「SOAP(ソープ)」と呼ばれる記録方式です。
服薬指導の内容をSOAP方式で記録することで、まさにSOAP(石鹸)のように情報を洗い出してくれますので、患者さんの薬歴が見やすくなります。

SOAPは「Subjective date/Objective data/Assessment/Plan」の頭文字をとったもので、それぞれの言葉には以下のような意味があります。

1. Subjective date(主観的情報)・・・患者さんが話した内容

2. Objective data(客観的情報)・・・患者さんの表情や行動、検査データ、処方内容、保険情報、薬剤師が説明したこと、患者さんに質問した内容など

3. Assessment(判断・評価)・・・(1)のS情報、(2)のO情報から得られる薬剤師としての判断や意見

4. Plan(計画)・・・薬剤師が行ったこと、次回チェックすべきこと

POSには3つの流れがあり、「薬歴作成→監査→修正」をしてくれます。最初の「薬歴作成」では、初回来局時、問題リスト、初期計画、経過記録(SOAP)などが記録され、「監査」で薬剤師がとった行動がよかったかを見極め、適切でなければ「修正」し適切な指導を行います

POSは、S情報で患者さんが話した内容をできるだけそのまま記載することでPOSがより生かされます。
たとえば、「この黄色い薬」「朝に飲む薬」などと表現する患者さんもいれば、「血圧の薬」「ノルバスク」などと薬の名前をきちんと覚えている患者さんもいます。こうした患者さんの言葉をそのままS情報として記載することで、服薬指導をする際に「この黄色いお薬は・・・」と薬の名前など覚えていない患者さんにもわかりやすく説明してあげるこ

とができます。こういう患者さんは、数種類の薬があった場合、似たような薬の名前を聞いただけで、どれがどれだか分からなくなったりすることも多いのです。

もちろん、薬のことだけではなく、O情報では客観的に「だるそうにしていた」「質問をしても返事が無かった」などの薬剤師が見た情報なども記載します。

(3)のAssessmentは、患者さんの言動から薬剤師がどう思ったかを記載しますので、一番重要な項目であり薬剤師の力量が問われるところではあります。しかし、要はPOSを活用することで
薬剤師の服薬指導の内容を評価することもできますし、何よりProblemを挙げておくことで、患者さんの立場に立った継続的なケアをすることができるのです。

ですので、あまり仰々しく感じることなく、「患者さんに早く良くなって欲しい」「者さんに少しでも満足してもらえるように」という気持ちを持ってPOSを活用していくことが大切です。

「薬剤師の転職相談所」の購読は
Twitter、Facebook、LINEが便利です

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」薬剤師専用のハウツーサイトです。
facebookまたはtwitter、LINEで最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

薬剤師転職サイトランキング ベスト5

転職や復職をお考えのあなたに、薬剤師の転職相談所の管理人おすすめの転職サイトをご紹介します。

薬キャリ(エムスリーキャリア) 詳細はコチラ
マイナビ薬剤師 詳細はコチラ
薬剤師転職ドットコム 詳細はコチラ
4位 ファルマスタッフ 詳細はコチラ
5位 リクナビ薬剤師 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「薬剤師の転職サイトランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

管理人について

現役薬剤師・エリコ

都内の調剤薬局に勤務中。

当サイトは、日々奮闘している薬剤師さんに代わって、すぐに役立つ薬剤師の情報やキャリアアップにつがなる情報、転職情報などを収集し、発信するサイトです。

facebook twitter

※ 現在、記事作成を手伝っていただける在宅ライターを募集しております。詳細はこちらをご覧ください。

薬剤師の転職サイト比較ランキング

「転職サイトって一体どこを選べばいいの・・・?」という薬剤師さんのために、評判が良くて人気が高い、代表的な転職・求人サイトを比較してランク付けしました。

  • 薬キャリ(エムスリーキャリア)
  • マイナビ薬剤師
  • 薬剤師転職ドットコム
  • ファルマスタッフ
  • リクナビ薬剤師
RANKINGランキング