1.   >  
  2.   >  
  3.   >  
  4.   >  
  5. がん専門薬剤師
クオカート500円分が当たるチャンス

がん専門薬剤師

がん専門薬剤師がん専門薬剤師とは、社団法人日本病院薬剤師会が認定する専門薬剤師のひとつです。

今は日本人の3人に1人が、がんで亡くなっていると言われる時代です。しかし、医学の進歩により、早期に発見して適切な治療を受ければ、そのほとんどが完治する時代でもあります。それだけに、がん専門薬剤師の存在も注目を集めています。

がん専門薬剤師の役割

がん専門薬剤師が注目を集めているのは、がん治療のレベルが高度化し、新しい抗がん剤も続々と開発されたことが大きく影響しているでしょう。

新しい治療法に対して過剰投与や誤投薬などにより、医療事故や重篤な副作用が出たりというリスクも高くなっていることから、がん専門薬剤師の必要性が浮上し、その需要は年々高くなっています。

がん専門薬剤師のメインの仕事は、がん薬物療法において患者さんの安全性を確保することです。そのため、高度な専門知識を持つがんの専門医や看護師たちと医療チームを組んで仕事を行います。

がんの薬物治療には多剤併用が基本です。その際の効果や副作用、至適投与量の検討にがん専門薬剤師の存在は欠かせません。多忙な医師の業務を分担してサポートできるのもがん専門薬剤師ならではですし、そこに一般の薬剤師と違った遣り甲斐を見出す方も少なくありません。

医療施設内におけるがん専門薬剤師には、周りの医療従事者から以下のような役割が期待されています。

  • 抗がん剤の特徴を理解した上での安全な薬剤の取扱いや調製
  • 薬剤が適切に投与されるためのチェック機能
  • 適切な薬物治療を選択するための専門的な情報の提供
  • 患者さんのQOLの維持と向上、満足度を高めるためサポート

がん専門薬剤師になるには

どのようにすればがん専門薬剤師になれるのか気になるところだと思います。
申請資格は以下の通りとなります。(詳細は「日本病院薬剤師会」のホームページをご参照ください)

  • がん薬物療法認定薬剤師であること
  • 関連学会会員であること
  • がん領域に関する学会発表が3回以上(うち1回は発表者)、
    学術論文が2編以上(うち1編は筆頭著者)あること
  • 所属長(病院長あるいは施設長等)の推薦書があること
  • 日本病院薬剤師会が行うがん薬物療法認定試験に合格していること

また、お給料面では医療機関などでは一般の薬剤師や管理薬剤師と変わらないという声もあります。しかし、製薬会社で責任者クラスになれば1,000万円前後の年になるとも言われています。それに、製薬会社で新薬開発に携わり、がんに有効な薬を発明できれば、お金には代えられない栄誉を得ることもできます。

クオカート500円分が当たるチャンス

「薬剤師の転職相談所」の購読は
Twitter、Facebook、LINEが便利です

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」薬剤師専用のハウツーサイトです。
facebookまたはtwitter、LINEで最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

薬剤師転職サイトランキング ベスト5

転職や復職をお考えのあなたに、薬剤師の転職相談所の管理人おすすめの転職サイトをご紹介します。

薬キャリ(エムスリーキャリア) 詳細はコチラ
マイナビ薬剤師 詳細はコチラ
薬剤師転職ドットコム 詳細はコチラ
4位 ファルマスタッフ 詳細はコチラ
5位 リクナビ薬剤師 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「薬剤師の転職サイトランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

管理人について

現役薬剤師・エリコ

都内の調剤薬局に勤務中。

当サイトは、日々奮闘している薬剤師さんに代わって、すぐに役立つ薬剤師の情報やキャリアアップにつがなる情報、転職情報などを収集し、発信するサイトです。

facebook twitter

※ 現在、記事作成を手伝っていただける在宅ライターを募集しております。詳細はこちらをご覧ください。

薬剤師の転職サイト比較ランキング

「転職サイトって一体どこを選べばいいの・・・?」という薬剤師さんのために、評判が良くて人気が高い、代表的な転職・求人サイトを比較してランク付けしました。

  • 薬キャリ(エムスリーキャリア)
  • マイナビ薬剤師
  • 薬剤師転職ドットコム
  • ファルマスタッフ
  • リクナビ薬剤師
RANKINGランキング