1.   >  
  2.   >  
  3.   >  
  4.   >  
  5. 調剤薬局・ドラッグストアの薬剤師

調剤薬局・ドラッグストアの薬剤師

調剤薬局の薬剤師

調剤薬局・ドラックストアの薬剤師病院やクリニックのあるところには、必ずその近くに調剤薬局を見かけます。調剤室があり、薬剤師が常駐する調剤薬局では、医師からの処方箋を持った患者さんに、処方に沿ったお薬を調剤して渡すのがメインの仕事です。

調剤以外には、薬の管理や患者さんにお薬を渡す際に行う服役指導も、薬剤師の大切な仕事となります。ですので、調剤薬局は遣り甲斐を求める薬剤師にとっては適した職場と言えるでしょう。

薬局によっては、レセプト(保険請求業務)も薬剤師が行うところもあるようですが、最近ではほとんどの薬局が電子化していますので、薬剤師への負担は軽くなっています。ただし、パソコンが苦手という人にとっては、デメリットと言えなくもありません。

求人率ですが、中堅以上の薬局チェーンでは、6年制薬剤師の採用に積極的な姿勢を見せていることからも悪くないでしょう。

お給料面では、不景気の影響で薬剤師のお給料も年々下がっている中、大手薬局よりは中小規模の薬局都市部よりは地方のほうが、お給料が高い傾向にあります。初任給で22~30万円前後、平均年収は350~550万円管理薬剤師になれば年収500~650万円が相場で、中には800万円を超える薬剤師もいるようです。

ドラッグストアの薬剤師

ドラッグストアで働く薬剤師は、実に多岐に渡る業務をこなさなくてはなりません。メインは市販薬の相談業務です。

風邪の引き始めや軽い腹痛などで病院に行くほどでもないという方や、忙しくて病院に行っていられないという方が市販薬を購入しにドラッグストアを訪れます。「風邪には○○!」と購入する市販薬が決まっている方もいますが、何十種類もある風邪薬の中から選ぶのは難しいという方にとっては、ドラッグストアの薬剤師の存在は不可欠でしょう。

ただし、デメリットのひとつと考えられることは、ストア内に置いてある日用品などの品出しや「○○はどこにありますか?」など、お客様から商品の置き場を聞かれることもあり、薬剤師としての業務以外の雑用が多いことです。薬剤師という仕事に遣り甲斐を・・・と考えている方には、向いていないかもしれません。

ドラッグストアの初任給は25~35万円、初年度の年収が430~500万円と薬局よりも相場が高く、店長になると600万円以上になる可能性もあります。

また、店舗によっては深夜勤務長時間勤務になることがありますが、大手チェーン店であれば、有給などの消化率も悪くないですし、福利厚生などもしっかりしている点はメリットと言えるでしょう。

「薬剤師の転職相談所」の購読は
Twitter、Facebook、LINEが便利です

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」薬剤師専用のハウツーサイトです。
facebookまたはtwitter、LINEで最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

薬剤師転職サイトランキング ベスト5

転職や復職をお考えのあなたに、薬剤師の転職相談所の管理人おすすめの転職サイトをご紹介します。

薬キャリ(エムスリーキャリア) 詳細はコチラ
マイナビ薬剤師 詳細はコチラ
薬剤師転職ドットコム 詳細はコチラ
4位 ファルマスタッフ 詳細はコチラ
5位 リクナビ薬剤師 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「薬剤師の転職サイトランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

管理人について

現役薬剤師・エリコ

都内の調剤薬局に勤務中。

当サイトは、日々奮闘している薬剤師さんに代わって、すぐに役立つ薬剤師の情報やキャリアアップにつがなる情報、転職情報などを収集し、発信するサイトです。

facebook twitter

※ 現在、記事作成を手伝っていただける在宅ライターを募集しております。詳細はこちらをご覧ください。

薬剤師の転職サイト比較ランキング

「転職サイトって一体どこを選べばいいの・・・?」という薬剤師さんのために、評判が良くて人気が高い、代表的な転職・求人サイトを比較してランク付けしました。

  • 薬キャリ(エムスリーキャリア)
  • マイナビ薬剤師
  • 薬剤師転職ドットコム
  • ファルマスタッフ
  • リクナビ薬剤師
RANKINGランキング