1.   >  
  2.   >  
  3.   >  
  4.   >  
  5. 薬剤師の呼び方

薬剤師の呼び方

ある患者さんから、こんな質問をされたことがあります。

「お医者様や栄養士さんは“先生”と呼んでいるけど、薬剤師さんもやっぱり先生なのかしら?」

3496_01

患者さん側から見ると、薬剤師のことを「先生」と呼んでいる方は少ないようです。

しかし、医療従事者の中には「薬剤師も先生と呼ばれて当然」とする声が意外と多いのです。たとえ資格を取ったばかりの薬剤師であっても、です。

では、その理由はなんなのでしょうか?

まず薬剤師は国家資格であり、現在では医学部と同じく6年制になったことからも、医師と同等であると考えているようです。
確かに薬剤師という仕事の責任はとても重く、調合や投与を間違えれば患者さんが死に至ることもあります。

記憶に新しいところでは、2010年3月、埼玉県越谷市内の薬局で、調剤ミスにより75歳の女性が死亡した事故をはじめ、便秘患者に誤って塩化ナトリウムを処方したり、薬局で処方の10倍を調剤し服用した女児が一時入院をしたり、抗てんかん薬を調剤ミスし6歳女児が一時こん睡状態に陥ったりというという事故もありました。

こうしたことを考えれば、やはり薬剤師は「先生」と呼ばれるに値するだけの責任ある仕事であり、それだけの勉強を重ねてきているわけです。ですので、薬剤師の存在と価値を十分に理解している医療従事者であれば、誰に言われることなく薬剤師を「先生」と呼んでいるでしょう。

また、医師の中には薬剤師の提案を重要視する方も多くいます
事実、夜間の救急対応などでは、薬剤師の判断が患者さんの病状を左右することもあるからです。

ただし、病院によっては混乱を避けるため、先生と呼ぶのは医師だけというケースも少なくありません。

 

ちなみに、労働基準法第14条厚生労働省が定める高度な専門知識を有する資格は以下のとおりです。

公認会計士、医師、歯科医師、獣医師、弁護士、一級建築士、薬剤師、不動産鑑定士、弁理士、技術士、社会保険労務士、税理士、中小企業診断士

この法律によれば、薬剤師も医師や弁護士、税理士などと並んで「先生」と呼ぶのにふさわしい資格だといえるのではないでしょうか。

「薬剤師の転職相談所」の購読は
Twitter、Facebook、LINEが便利です

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」薬剤師専用のハウツーサイトです。
facebookまたはtwitter、LINEで最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

薬剤師転職サイトランキング ベスト5

転職や復職をお考えのあなたに、薬剤師の転職相談所の管理人おすすめの転職サイトをご紹介します。

薬キャリ(エムスリーキャリア) 詳細はコチラ
マイナビ薬剤師 詳細はコチラ
薬剤師転職ドットコム 詳細はコチラ
4位 ファルマスタッフ 詳細はコチラ
5位 リクナビ薬剤師 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「薬剤師の転職サイトランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

管理人について

現役薬剤師・エリコ

都内の調剤薬局に勤務中。

当サイトは、日々奮闘している薬剤師さんに代わって、すぐに役立つ薬剤師の情報やキャリアアップにつがなる情報、転職情報などを収集し、発信するサイトです。

facebook twitter

※ 現在、記事作成を手伝っていただける在宅ライターを募集しております。詳細はこちらをご覧ください。

薬剤師の転職サイト比較ランキング

「転職サイトって一体どこを選べばいいの・・・?」という薬剤師さんのために、評判が良くて人気が高い、代表的な転職・求人サイトを比較してランク付けしました。

  • 薬キャリ(エムスリーキャリア)
  • マイナビ薬剤師
  • 薬剤師転職ドットコム
  • ファルマスタッフ
  • リクナビ薬剤師
RANKINGランキング