1.   >  
  2.   >  
  3.   >  
  4.   >  
  5. 薬剤師の現状と将来
クオカート500円分が当たるチャンス

薬剤師の現状と将来

医療業界は変化し続けています

過去10年くらいの間、薬剤師を取り巻く環境は大きく変わりました過去10年くらいの間、薬剤師を取り巻く環境は大きく変わりました。

医薬分業が進み薬局の数が増え(特に病院や診療所前のいわゆる門前薬局)、薬剤師の不足が顕著になり、
院外処方せん率は今現在60%近くまで上昇し、
薬科大学の新設ラッシュ
薬学部の4年生から6年制への移行、
少子化による受験生の減少、定員割れの薬学部が出てくる、
調剤だけではなく服薬指導や約歴管理、薬剤情報提供にも報酬(点数)が与えられるなど、様々な変化が見られました。

ただ、薬剤師の現状は急速に発展した医薬分業による薬剤師不足で、就職や待遇に関しては他の職種に比較するとまだまだ恵まれていると言ってよいと思います。では、薬剤師の将来はこれからどんな風に変化していくのでしょうか。

今後予測される変化

①薬剤師の需要と供給
大学の薬学部は2002年に46校・定員数8110人に対し、2007年には72校・定員数13164人と激増しました。2006年の薬学4年制から6年制の移行によって、来年から6年制の学生が卒業し始めると、毎年薬剤師の数が増加する傾向にあるとみられています。一方、少子化の影響で人口は減り続けるので、必然的に人口に対する薬剤師の数が過剰になる可能性があります。
②仕事の内容
今までは薬剤師の資格を取得した半数以上が病院や薬局、ドラッグストアに就職していましたが、今後は薬学・化学の専門家として治験関係の会社介護事業食品会社化粧品会社臨床検査機関といった幅広い分野での仕事に従事していくことが予想されます。
③病院での臨床薬剤師
医師と同等の立場で薬物療法に積極的にかかわることになります。どういう薬を使ったらより安全で効果が期待できるか、薬剤の血中濃度を確認しながら投薬計画を立てていくとう医療チームの一員としての仕事が今以上に比重を占めていくことでしょう。
④登録販売者制度
2008年から登録販売者がいれば、ドラッグストアやコンビニで一部の医薬品が販売できるようになりました。今後、この制度がさらに進化することで、もしかしたら将来、ドラッグストアでの薬剤師のニーズが減少していくかもしれません。
⑤通信販売やインターネット
消費者の利便性追求やIT技術の進歩により、医薬品のネット販売通信販売の環境が大きく変化する可能性が十分にあります。薬剤師は消費者の疑問や質問にこたえるため、新しい仕事の形態に直面することが想像されます。

 

日頃の自分磨き・スキルアップを忘れずに。どんな将来が待ち構えていても、柔軟に順応できる薬剤師を目指して日々、切磋琢磨していきたいですね。日頃の自分磨き・スキルアップを忘れずに。

クオカート500円分が当たるチャンス

「薬剤師の転職相談所」の購読は
Twitter、Facebook、LINEが便利です

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」薬剤師専用のハウツーサイトです。
facebookまたはtwitter、LINEで最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

薬剤師転職サイトランキング ベスト5

転職や復職をお考えのあなたに、薬剤師の転職相談所の管理人おすすめの転職サイトをご紹介します。

薬キャリ(エムスリーキャリア) 詳細はコチラ
マイナビ薬剤師 詳細はコチラ
薬剤師転職ドットコム 詳細はコチラ
4位 ファルマスタッフ 詳細はコチラ
5位 リクナビ薬剤師 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「薬剤師の転職サイトランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

管理人について

現役薬剤師・エリコ

都内の調剤薬局に勤務中。

当サイトは、日々奮闘している薬剤師さんに代わって、すぐに役立つ薬剤師の情報やキャリアアップにつがなる情報、転職情報などを収集し、発信するサイトです。

facebook twitter

※ 現在、記事作成を手伝っていただける在宅ライターを募集しております。詳細はこちらをご覧ください。

薬剤師の転職サイト比較ランキング

「転職サイトって一体どこを選べばいいの・・・?」という薬剤師さんのために、評判が良くて人気が高い、代表的な転職・求人サイトを比較してランク付けしました。

  • 薬キャリ(エムスリーキャリア)
  • マイナビ薬剤師
  • 薬剤師転職ドットコム
  • ファルマスタッフ
  • リクナビ薬剤師
RANKINGランキング