薬剤師の仕事でやりがいを感じる瞬間・辞めようと思う瞬間

job-change30

薬剤師になるための薬学教育が6年制になったことで、薬剤師の求人は売り手市場だといわれていますが、今後は薬剤師の資格を持っているだけでは転職にも不利な時代が来るともいわれています。

そんな中、ある調査では約70%の薬剤師が「転職経験あり」と答え、3回以上の転職経験者が全体の30%にもなっています。

また、給与や仕事内容、通勤時間や労働時間などが転職理由の上位を占めていますが、「自分の経験や能力が発揮できるか」「責任ある仕事ができるか」などのやりがいを求めて転職する薬剤師も全体の約30%います。

そこで、今回は薬剤師という仕事で『やりがいを感じる瞬間』と、その逆で『仕事を辞めようかと思う瞬間』について職種ごとに考えてみました。

薬剤師の仕事でやりがいを感じる瞬間はどんなとき?

薬剤師の仕事は決して楽なものではありませんが、他の仕事では味わえないやりがいがたくさんあり、そのやりがいは職種によっても異なります。

調剤薬局

  • 薬剤師としての調剤スキルを磨ける
  • 病院薬剤師に比べ、比較的ゆとりをもって業務を行える
  • 患者さんの健康に直接関わることができる
  • 患者さんと信頼関係を築くことができる
  • 患者さんからお礼を言われるとき
  • 患者さんの病気が回復したとき
  • 患者さんから色々と質問をされたとき

ドラッグストア

  • 給料が高いこと
  • 患者さんの症状に合わせ、薬剤師自身の判断でOTC薬を選んであげられる
  • 薬に関することを色々と相談してもらえたとき
  • 選んだお薬の説明をキチンと聞いてもらえたとき

ドラッグストアでは、医師が処方したお薬を飲んでいる方が、風邪や頭痛などの症状でOTC薬を購入しに来店された場合、服用中のお薬との飲み合わせなども含めて薬を選ぶことが大切です。

また、症状や服用中のお薬によっては、副作用なども考慮し“売らない”という選択肢もあり、調剤薬局などとは違ったやりがいを見出すことができます

製薬会社

  • 自社の薬で患者さんを救うことができる
  • 薬の最前線で働ける
  • 治験がスムーズに進行できる
  • 創薬に関しては、新薬の開発成功や国から認可が下りたとき
  • MRであれば、医師と信頼関係を築くことができたとき

病院薬剤師

  • 薬剤師に必要とされる総合的なスキルを磨けること
  • 患者さんや医師と信頼関係を築くことができたとき
  • チームの一員として薬剤師の存在感を発揮できる
  • 自分が提供した情報が治療に役立ったとき
  • 患者さんやそのご家族から感謝されたとき

病院勤務の場合、同じ服薬指導でも調剤薬局と異なり、患者さんとより深いコミュニケーションをとることができます。自分の知識や経験が、患者さんの治療に役立つのを目の当たりにすることで満足度もやりがいも高まります。

行政

  • 法令を遵守し、不正を正すことができる
  • 自分が対応した住民の不安・不満を解消してあげられたとき
  • 国民の健康を守っているという自負
  • 子育てしながら働く環境が整っていることが多いので恵まれていると感じたとき
  • 大学で学んだことやこれまでの知識を活かして問題解決できたとき
  • 地味な仕事だけど社会にとって必要不可欠

 

ここに挙げたものは一例ですので、他にもその職種ならではのやりがいがあります。

薬剤師の仕事を辞めようかと思う瞬間はどんなとき?

では、逆に薬剤師としてのやりがいを感じられなくなって「仕事をやめたくなる」瞬間とはどんなときでしょうか。

調剤薬局

  • 言われた通りの調剤しかできなかったとき
  • 機械的に調剤だけをやっているとき
  • 患者さんからのクレームを受けたとき
  • 仕事の幅が狭く、人間としても視野が狭くなってしまう
  • 必要以上に薬を処方する医師の在り方に失望したとき
  • 患者さんとのコミュニケーションがうまくできないとき

ドラッグストア

  • 調剤をする機会が少ない
  • レジ打ちや商品の陳列など、薬剤師でなくともできる仕事ばかりしなければならないとき
  • お客さんから「薬が効かない」など、クレームを受けたとき
  • お客様に薬剤師だと思ってもらえなかったとき

製薬会社

  • 創薬担当の場合は開発した薬の認可がおりなかったとき
  • MRはいつでも医師の言いなりにならなければならないとき
  • 治験において薬の効果が思うようにでなかったとき
  • ただの営業職のような扱いをされたとき

病院薬剤師

  • 患者さんや医師からの問い合わせに答えられないとき
  • チーム医療で医師や看護師と意見が合わないとき
  • 夜勤や当直もあり家庭との両立が大変
  • 外来調剤がある病院だと調剤薬局と業務内容が変わらない
  • 患者さんからわがままばかり言われたとき

行政

  • 不正が改善されなかったとき
  • 自分の意見や提案が採用されなかったとき
  • 力不足で相手の間違いを正せなかったとき

まとめ

自分の仕事にやりがいを感じなくなってしまうことは、社会人であれば薬剤師でなくともよくあることです。そんなときは家族や友人に相談してみたり、異なる職種を体験したりするなどして自分から意識して視野を広げることが大切だと思います。

薬剤師の仕事といえば、これまでは調剤薬局や病院、製薬会社などと決まっていました。

でも、これからは食品メーカーや化粧品メーカー、介護の現場などでも、薬剤師が活躍できる場はどんどん広がっていくでしょう。そう考えれば、とても面白い業界になるといえます。

また、やる気と知識、スキルがあれば自分で可能性を広げられ、キャリアアップもできますし、結果、やりがい+お給料にも反映されますので、とても魅力的な職業ではないでしょうか。

転職サイトって一体どこを選べばいいの?という薬剤師のかたへ

「転職」は薬剤師としての新たな一歩でもありますが、いざ踏み出してみると描いていたイメージと違っていた・・・というケースも少なくありません。そうならないためにも、転職のプロたちから親身になって相談にのってくれ、適切なアドバイスを受けられる薬剤師向けの転職サイトに登録しておくことをオススメします。

こちらの転職サイト比較ランキングでは評判が良く人気が高い、代表的な転職・求人サイトを比較してランク付けしていますので参考にしてみてください。

ポイントは1社だけでなく、最低3社は登録して求人情報を見比べること。これまでの薬剤師としての経験と知識をさらに高めるためにも、情報を集めて比較することは重要です。

いつでも時間が空いたときに求人情報をチェックしたり、専門のコンサルタントに相談したりしながら、希望にぴったりの転職先を見つけてくださいね!

薬剤師転職サイトランキング

薬キャリ(エムスリーキャリア)
ランキング1位
薬キャリ(エムスリーキャリア)
詳細情報を見る   この転職サイトを見る
マイナビ薬剤師
ランキング2位
マイナビ薬剤師
詳細情報を見る   この転職サイトを見る
リクナビ薬剤師
ランキング3位
リクナビ薬剤師
詳細情報を見る   この転職サイトを見る
薬剤師プロ!
ランキング4位
薬剤師プロ!
詳細情報を見る   この転職サイトを見る
ヤクステ
ランキング5位
ヤクステ
詳細情報を見る   この転職サイトを見る

 管理人について

erico

現役薬剤師・エリコ

都内の調剤薬局に勤務中。

当サイトは、日々奮闘している薬剤師さんに代わって、すぐに役立つ薬剤師の情報やキャリアアップにつがなる情報、転職情報などを収集し、発信するサイトです。

※ 現在、記事作成を手伝っていただける在宅ライターを募集しております。詳細はこちらをご覧ください。

 おすすめコンテンツ

薬剤師の転職サイト比較ランキング

「転職サイトって一体どこを選べばいいの・・・?」という薬剤師さんのために、「評判が良くて人気が高い、代表的な転職・求人サイトを比較してランク付けしました。

1
薬キャリ(エムスリーキャリア)
2
マイナビ薬剤師
3
リクナビ薬剤師
4
薬剤師プロ!
5
ヤクステ

 紹介転職サイト一覧