薬剤師の企業勤務

薬剤師を一般の市民が見かける場所といえば、薬局やドラッグストア、そして病院といった場所が中心になるのではないでしょうか。

そのような場所以外でも薬剤師はたくさん働いています。製薬会社をはじめ、たくさんの民間企業に勤務している薬剤師がいるのです。企業に勤務する薬剤師の仕事ぶりは、どんな企業に勤めてどんな部署で働いているかによって大きく変わってきます。

民間企業で研究職、開発職に就いている薬剤師企業勤務の薬剤師の職種といえば、

・研究~開発
・営業(MR)

が主流で、それ以外に、治験学術といった分野も含まれてくるだろうと考えられます。

研究~開発

研究職~開発職は似ているようでいて違いがあるのですが、企業によって定義に少しずつ違いがあるため、はっきりとした定義を一概に説明することは難しくなってきています。いずれにしても、新薬の開発全般にかかわる業務であることは間違いないでしょう。

ただ薬剤師の資格を取得しているだけでは雇用されないことも多いほか(一流の企業の場合は、学歴等の要素も重視されてきます……実際のところ、薬剤師の資格が必須だとは限らないようです)、入ってからもかなりの能力が要求されます。続けて成果を出していかないことには、昇進や出世は望めませんし、会社員である以上はリストラの対象となる可能性もゼロではありません。

営業(MR)

営業(MR)は、名前の通り自社製品(つまり、販売している薬剤ですね)の営業活動を行う仕事です。製薬会社にも、他業種と同様で営業職は欠かせません。製薬業界では、顧客は医療機関や薬局・ドラッグストアとなりますから、各地の医師や薬剤師に対して、新薬の宣伝活動を行うことがメインの業務となります。

ただ、他の業種の営業と違うのは、薬のセールス活動をするという面よりも薬の効能をはじめとした、薬の情報提供をする面が強いということでしょう。薬というものは、正しく使わないと効果を発揮できませんし、人体に有害な結果をもたらす恐れもありますから、正確な情報を絶えず提供する必要があるのです。

その他

治験

治験はいわゆる薬の実験のことであり、治験志願者等に新しい薬を試す実験台になっていただいて、その結果を整理することが主な業務となります。

学術

学術は、海外の薬剤に関する文献を翻訳することが主な業務で、英語に通じていることが求められる職業です。

 

……代表的な企業での薬剤師の仕事を説明してきましたが、総じてよい給与を受け取れると考えてよいでしょう。

ただし、一般のサラリーマンやOLと同じで、よく転勤させられたり、休みを取りづらかったり…… といったデメリットはあります。女性の場合は、家庭と両立させにくい(学術は別のようですが)という傾向もあるようですね。

薬剤師転職サイトランキング

エムスリーキャリア薬剤師
ランキング1位
エムスリーキャリア薬剤師
詳細情報を見る   この転職サイトを見る
マイナビ薬剤師
ランキング2位
マイナビ薬剤師
詳細情報を見る   この転職サイトを見る
ヤクステ
ランキング3位
ヤクステ
詳細情報を見る   この転職サイトを見る
リクナビ薬剤師
ランキング4位
リクナビ薬剤師
詳細情報を見る   この転職サイトを見る
ヤクジョブ
ランキング5位
ヤクジョブ
詳細情報を見る   この転職サイトを見る

こちらもあわせてどうぞ

 サイト運営者の紹介

ヨモギ

ヨモギ(元・薬剤師)

薬剤師資格を保有する30代男性。現在は製薬業界とは距離を置き、WEB制作関連の仕事をしています。

当サイトは、薬剤師さんの転職に関する疑問・不安・お悩みを解消するために役立つ情報を発信していく仕事情報サイトです。

※ 現在、記事作成を手伝っていただける在宅ライターを募集しております。詳細はこちらをご覧ください。

 おすすめコンテンツ

薬剤師の転職サイト比較ランキング

「転職サイトって一体どこを選べばいいの・・・?」という薬剤師さんのために、「評判が良くて人気が高い、代表的な転職・求人サイトを比較してランク付けしました。

1
エムスリーキャリア薬剤師
2
マイナビ薬剤師
3
ヤクステ
4
リクナビ薬剤師
5
ヤクジョブ

 紹介転職サイト一覧