1.   >  
  2.   >  
  3.   >  
  4.   >  
  5. 行政機関(保健所・麻薬取締官)で働く公務員薬剤師の仕事

行政機関(保健所・麻薬取締官)で働く公務員薬剤師の仕事

job-change14983

行政機関で働く公務員薬剤師はどんな仕事をするのか

公務員の薬剤師の仕事には保健所薬剤師や麻薬取締官などがあります。

保健所薬剤師の主な業務内容

保健所の薬剤師の仕事としては、地域の住人への健康アドバイスや集団検診、献血推進活動に関わります。

食中毒や伝染病などの非常事態に対応するのも保険所薬剤師の仕事です。また、病院や薬局、美容院などの開設許可業務、指導、調査なども行います。

保健所のある地域単位で医薬品、動物、食品などの管理を行うのが保健所薬剤師の業務です。

麻薬取締官の主な業務内容

麻薬取締官とは、通称「麻薬Gメン」のこと。

薬物の取締まりなどの薬物犯罪防止、また病院や薬局、製薬会社が適切な方法で医療用の麻薬を取り扱っているのかを監視するのが麻薬捜査官の仕事です。

厚生労働省に所属する国家公務員で特別司法警察の権限が与えられています。

公務員薬剤師として働くメリット

保健所薬剤師、麻薬取締官に共通していることは、

  • 公務員なので福利厚生が充実している。
  • また、昇給があり、長く務めることで薬剤師の他の職種(MRなどの企業を除く)より高いお給料がもらえる。

保健所薬剤師

  • 住民や地域のコミュニティーと直接関わる仕事が多く、その地域に大きく貢献できる。
  • 土日が完全に休みで、働く時間も規則的なのでプライベートな時間が確保しやすい。
  • 転勤がない。

麻薬取締官

  • 厚生労働省に所属する国家公務員である。
  • 特別司法警察職員として国の安全を守るこができる。

公務員薬剤師として働くデメリット

保健所薬剤師、麻薬取締官に共通していることは、

  • 他の薬剤師の職種と比べると初任給が低い。

保健所薬剤師

  • 研究所や病院などの施設に配属される可能性もある。
  • 公務員試験に受からなければならない。また受かった場合も、希望する地域の保健所に求人がないと保険所薬剤師に応募ができない。
  • 薬剤師ではなく、保健師としての知識が求められることが多く、薬剤師の資格を活かしきれない場合もある。
  • 薬剤師本来の業務である調剤業務から離れるため、転職の際に不安に思う人もいる。

麻薬取締官

  • 薬物中毒者を相手にする場合もあり、危険が伴う。警察官と同じ逮捕術の訓練等も受ける必要がある。
  • 転勤が多い職種である。
  • 調査などで動き回ることが多く体力が必要。
  • 基本的に土日が休みであるが、捜査などで働く時間が不規則になりがち。

保健所薬剤師、麻薬取締官にはどんな人が向いているのか

保健所薬剤師

仕事の安定と充実した福利厚生を求め、1つの職場で長く働きたい人にお勧めの職種です。

保健所の薬剤師が転勤することは希で、同じ地域の保健業務に長く関わることになります。日々の生活に変化を求めず「地域保健に奉仕したいと」といった気持ちを持っている人に向いています。

保健所薬剤師として日々の業務で知識を得て、経験を積み重ねることより、優れた保健所薬剤師となりキャリアアップできるでしょう。

麻薬取締官

正義感が必要な職種で、何より「絶対、麻薬捜査官になる!」と強い気持ちが必要です。

全国に約250人いる麻薬取締官のうち薬剤師の資格を有する人はおよそ半分だと言われています。その数字からわかるように麻薬捜査官になるには非常に難しいです。

また体力勝負の仕事でもあるので、負けん気が強く体力の自身がある人に向いている職種と言えるでしょう。

保健所薬剤師、麻薬取締官に転職する方法

保健所薬剤師

保健所の薬剤師を目指す場合は、薬剤師免許を取得し、地方公務員試験を受けて合格した後、求人に応募することになります。

地方公務員試験の募集要項は地域により異なるため、都道府県のホームページで受験資格や募集状況を確認しましょう。

麻薬取締官

麻薬捜査官になるためには、薬剤師免許を保有していることと、29歳以下であることが条件です。

麻薬捜査官は全国でも約250人と少なく、求人応募は不定期です。厚生労働省の実施する面接試験を受け、合格すると麻薬捜査官になれます。

興味をもったら、まずは厚生労働省のホームページをチェックして説明会に参加してみましょう。

どちらも募集枠が少ないため、他の薬剤師の職種と比べると転職が難しいと言えます。

「薬剤師の転職相談所」の購読は
Twitter、Facebook、LINEが便利です

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」薬剤師専用のハウツーサイトです。
facebookまたはtwitter、LINEで最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

薬剤師転職サイトランキング ベスト5

転職や復職をお考えのあなたに、薬剤師の転職相談所の管理人おすすめの転職サイトをご紹介します。

薬キャリ(エムスリーキャリア) 詳細はコチラ
マイナビ薬剤師 詳細はコチラ
薬剤師転職ドットコム 詳細はコチラ
4位 ファルマスタッフ 詳細はコチラ
5位 リクナビ薬剤師 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「薬剤師の転職サイトランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

管理人について

現役薬剤師・エリコ

都内の調剤薬局に勤務中。

当サイトは、日々奮闘している薬剤師さんに代わって、すぐに役立つ薬剤師の情報やキャリアアップにつがなる情報、転職情報などを収集し、発信するサイトです。

facebook twitter

※ 現在、記事作成を手伝っていただける在宅ライターを募集しております。詳細はこちらをご覧ください。

薬剤師の転職サイト比較ランキング

「転職サイトって一体どこを選べばいいの・・・?」という薬剤師さんのために、評判が良くて人気が高い、代表的な転職・求人サイトを比較してランク付けしました。

  • 薬キャリ(エムスリーキャリア)
  • マイナビ薬剤師
  • 薬剤師転職ドットコム
  • ファルマスタッフ
  • リクナビ薬剤師
RANKINGランキング