1.   >  
  2.   >  
  3.   >  
  4. 薬剤師の学歴による年収の違い

薬剤師の学歴による年収の違い

薬剤師は基本的に、薬科大学や大学の薬学部で勉強を重ねて、国家試験を受けて資格を取得する職業です。学歴はある程度決まっていますし、他の業種・業界等と比較すると学歴による年収の違いというものは発生しにくいといえます。

それでも、まったく何の格差もないということではありません。

たとえば、どんな大学の薬学部を卒業しているかで違いが発生することもあります。薬剤師の就職活動は、ある程度選択肢が決まっているのですが、その中でもかなり入りにくい職場はあります。

国家公務員へ就職例を挙げるとすると、たとえば厚生労働省はその最たる例でしょう。ここは国家公務員の中でも、飛び抜けて就職が難しいところであって、どんなポストを狙うにしても非常に入りにくいところであることは言うまでもありません。

当然、収入等も期待が持てますが、薬学部から就職しようと思ったら、どこの大学の薬学部でも同じ条件で受けられるとは言えないようです。「一部の大学の薬学部からの合格者が多い」という傾向が見られるからです。

これと同じことは、他の就職先(つまり、大病院や超一流企業等のことですね)でも見受けられますから、薬剤師になるにあたって、収入や地位に関して、特に実入りのよいポストを狙いたいと思ったら、まずどこの大学の薬学部に入るかを厳選したほうがよいでしょう。

ただ薬剤師になることだけが目標ではなく、年収その他の条件にとても恵まれた役職に就きたいのであれば、各大学薬学部の卒業生の就職状況をチェックしてから進学先を絞り込むほうがよいというわけですね。

大学としての知名度や偏差値が民間企業に就職するにあたって影響を及ぼすことはあります……薬剤師や薬学部に限ったことではありませんが、大学としての知名度や偏差値が民間企業に就職するにあたって影響を及ぼすことはあります(しかも、薬学部の場合は国家試験を受験する以上、他学部生に比べて就職活動に時間を割きにくいという現実があることも忘れてはいけませんね)。

「歴史のある薬学部のほうが、歴史の浅い薬学部よりも各界へのコネを期待できない」……といった傾向があることについては、現役の薬剤師の間でも話題の的になっています。

調剤薬局等で働く薬剤師を目指すのであればあまりどこの大学を出ているかは問題にされないようですが一流の製薬企業や医療関係のメーカーに入ってたっぷりと年収をもらえる立場になりたいのであれば、各大学の薬学部の就職状況をチェックして、それから受験先を選ぶほうがよいでしょう。

「薬剤師の転職相談所」の購読は
Twitter、Facebook、LINEが便利です

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」薬剤師専用のハウツーサイトです。
facebookまたはtwitter、LINEで最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

薬剤師転職サイトランキング ベスト5

転職や復職をお考えのあなたに、薬剤師の転職相談所の管理人おすすめの転職サイトをご紹介します。

薬キャリ(エムスリーキャリア) 詳細はコチラ
マイナビ薬剤師 詳細はコチラ
薬剤師転職ドットコム 詳細はコチラ
4位 ファルマスタッフ 詳細はコチラ
5位 リクナビ薬剤師 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「薬剤師の転職サイトランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

管理人について

現役薬剤師・エリコ

都内の調剤薬局に勤務中。

当サイトは、日々奮闘している薬剤師さんに代わって、すぐに役立つ薬剤師の情報やキャリアアップにつがなる情報、転職情報などを収集し、発信するサイトです。

facebook twitter

※ 現在、記事作成を手伝っていただける在宅ライターを募集しております。詳細はこちらをご覧ください。

薬剤師の転職サイト比較ランキング

「転職サイトって一体どこを選べばいいの・・・?」という薬剤師さんのために、評判が良くて人気が高い、代表的な転職・求人サイトを比較してランク付けしました。

  • 薬キャリ(エムスリーキャリア)
  • マイナビ薬剤師
  • 薬剤師転職ドットコム
  • ファルマスタッフ
  • リクナビ薬剤師
RANKINGランキング